『ドラゴンクエスト』が初のフル3DCGアニメ映画に。『ドラクエV』を原案とし、総監督は山崎貴が担当

 スクウェア・エニックスは、映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』を2019年8月2日に上映することを発表した。

(画像は映画「DRAGON QUEST YOUR STORY」OFFICIAL SITEより)

 『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』を原案としたフル3DCGアニメーション。総監督・脚本は『ALWAYS 三丁目の夕日』『STAND BY ME ドラえもん』などを手がけた山崎貴氏が担当。監督は『鬼武者2』などのゲームでCGディレクターとしても活躍する八木竜一氏と、『STAND BY ME ドラえもん』のアートディレクターを務めた花房真氏のふたりとなる。もちろん、原作・監修は堀井雄二氏が担当し、音楽はすぎやまこういち氏の楽曲が使われるとのこと。

 『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』は1992年に発売されたタイトル。シリーズの中でも評価の高いタイトルになっており、特に見どころとなるのはパパス、主人公、そして息子たちという3代に渡って描かれるストーリーだ。また、結婚する相手を選べるという要素は、プレイした人ならば忘れることのできない部分だろう。

 公式サイトでは原作・監修の堀井雄二氏と総監督山崎貴氏からのコメントが寄せられている。前述の『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』の特徴を活かしつつ、さらに『ドラゴンクエスト』シリーズを知らない人にも楽しめるような作品を目指して制作が行われているとのこと。なお、ゲームの『ドラゴンクエスト』シリーズが映画化されるのはこれが初となる。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

『ドラクエ7』キーファをレベル99へ。600時間を費やした挑戦は、好きだった配信者の無念を受け継いで始まった

思いっきり感情移入しながら『ドラクエV』をプレイしたら絶対にビアンカを選ぶ【PR】

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧