暴力が支配する荒野を戦う西部劇ローグライトシューティング『Colt Canyon』発表。カウボーイとなって狂暴な盗賊と戦う

 HeadupはRetrificの手がけるローグライトシューティングゲーム『Colt Canyon』を発表した。対応プラットフォームはPC(Steam)、PlayStation 4、Xbox One、Nintendo Switch。発売は2019年第3から第4四半期、価格は未定だ。また、βテストの予定もあるという。

 Itch.ioでは本作のプロトタイプとなる『Help!』がダウンロードできる。

 『Colt Canyon』は特徴的なピクセルアートで、暴力が支配する西部劇を描く。主人公のカウボーイは、相棒を狂暴な盗賊にさらわれてしまう。敵と戦いながら武器を探し、自身を強化して仲間の元へと急ぐ。ただダイナマイトを投げて銃を撃ち走り回るだけでなく、正面切って戦う以外にもステルス要素も用意されている。また、行く手には手強いボスも待ち受けている。

(画像はSteam | 『Colt Canyon』より)

 キャンペーンモードのようなストーリーは存在しておらず、プレイヤーは相棒を助けて脱出するか、あるいは道半ばで倒れるまで戦う。ローグライトというだけあって死んだらすべてを失うパーマデスとなっているが、キャラクターのアンロックは永続的のようだ。

 相棒を救い出してもゲームはまだ半分だ。道中には救うべき沢山の人が助けを待っており、ふたりで家に帰るまで戦いは続く。なお、AI操作の相棒以外にふたりで参加するローカルマルチプレイにも対応している。

(画像はSteam | 『Colt Canyon』より)
(画像はSteam | 『Colt Canyon』より)

 Retrificはドイツに住む学生Jonathan Mannshoven氏の個人デベロッパーだ。Steamでパズルゲーム『Invisibox』、アクションゲーム『Beeftacular』の2本をすでにリリースしているほか、複数の学生や開発者とともに2Dシューター『Shell Shift』や、『Project: Cosmic Combat』開発している。冒頭で紹介した『Colt Canyon』のプロトタイプ版『Help!』もコラボ作品だ。

 リリースまではまだ少しあるが、プロトタイプとなる『Help!』がリリースされているので、どういったゲームになるかはわかりやすい。これに加えてキャラクターアンロックや自動生成マップのようなローグライク要素が加えられる。気に入ったらウィッシュリストに入れ、βテストや発売を待ってほしい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

ガンダムの名シーンが「シューティングゲーム」という言葉を生んだ!? アクション、シューティング…ゲームのジャンル分けの歴史を徹底考察

電ファミ移植希望アンケートで堂々1位のシューティングゲーム『エスプレイド』が開発決定!@エムツー初の自社開催イベント「エムツーショットトリガーズ弩感謝祭」

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ