破竹の勢いでプレイヤー数を伸ばす『Apex Legends』が1ヶ月で総プレイヤー数5000万人を突破。記念トレイラーでは最弱武器モザンビークでのキル数など愉快な統計を公開

 Respawn Entertainmentは、2019年2月にリリースされたバトルロイヤルゲーム『Apex Legends』の総プレイヤー数が5000万人を突破したことを発表した。これまでリリース初日に250万人、3日で1000万人、1週間で2500万人と順調にプレイヤー数を伸ばしていたことが発表されていたが、たった1ヶ月で5000万人は大ヒットといっていいだろう。

 Twitter上に投稿されているゲーム内統計データをまとめた映像によると、ダウンした敵に対してキャラクターごとに設定された特別な動作でとどめを刺す「フィニッシャー」は1億5800万回行われ、アルティメットアビリティは12億3000万回起動され、そして他のプレイヤーに場所などを示すピンは310億回出された。

 また、バトルロワイヤルゲームとしては珍しく、ゲームを開発したデベロッパーの名前であり、本作の特徴のひとつとも言えるリスポーンは1億7000万回行われたという。

 5000万人突破を記念して公開されたトレイラーには上記の真面目な統計のほか、最弱武器として名高いモザンビークでのキル数、さらにおじいちゃんがスナイパーライフルでスコープを使わずにキルした人数など、愉快な統計とともにさまざまなプレイヤーのネタプレイ、スーパープレイが収録されている。

(画像は『Apex Legends』公式サイトより)

 『Apex Legends』はバトルロイヤルゲームの進化系を標榜して開発された『Titanfall』シリーズのスピンオフだ。常に3人でチームを組んで戦うバトルロイヤルであり、各プレイヤーは全く異なる能力を持ったキャラクター「レジェンド」をひとり選択して戦ういわゆるヒーローシューターの側面も持っている。

 ゲームプレイから課金システムに至るまで、先行する他のシューターのエッセンスを上手く取り入れながら、前述のリスポーンやチーム戦といったオリジナリティーでまとめている作品だ。リリースされた初日から高い評価を受けており、Twitchでは記事執筆時点でも『Fortnite』を含む他のライバルゲームより多くの視聴者を集めている。

 2019年最も注目される『Apex Legends』は、PlayStation 4、Xbox One、PCでプレイ可能だ。

ライター/古嶋誉幸

関連記事:

ベトナム戦争帰りの元軍人おじいちゃんゲーマー話題に。66歳が『Apex Legends』でノースコープ3連ショットを決める

『Titanfall』スピンオフ、基本無料バトルロワイヤル『Apex Legends』発表。3人一組で戦う“タイタン無し”のヒーローシューター

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧