初代『ディアブロ』がGOG.comで配信開始。ハクスラの伝説的作品が「HD解像度&アップスケーリング対応」で蘇る、オンラインにも対応

 Blizzard Entertainmentから1996年12月31日に発売されたハックアンドスラッシュのアクションRPGの伝説的作品『ディアブロ』。アクションRPGとしてのハクスラを決定付けただけではなく、マルチプレイヤーオンラインRPGの先駆けともなった同作の販売が、PCゲーム配信プラットフォーム「GOG.com」で開始された。価格は9.99ドル。

 本作はランダムに生成される全16階層のダンジョンを、モンスターを殲滅しながら潜っていくハックアンドスラッシュゲームだ。階層が深くなればなるほど敵の攻撃は苛烈になるが、ドロップできるアイテムの質も向上。この緊張感を乗り超えて強力なアイテムを入手してキャラクターを強化したときの喜びが麻薬的に面白く、世界中で大ヒットを記録した。

 シリーズは『ディアブロII』でさらなる完成度を見せてはいるが、この原点『ディアブロ』を愛好する人は未だに多い。後のシリーズほどアイテムが膨大ではないので、比較的特別なアイテムが入手しやすいのと、16階層というコンパクト設計なため、階層を降りるたび、敵が劇的に強くなるメリハリがあるのが特徴だ。

 今回、GOG.comで販売される『ディアブロ』は、オリジナル版とGOG拡張版の2つのバージョンを収録。オリジナル版はBattle.netの最大4人のマルチプレイヤーに対応しており、オンラインサービスを介して、プレイヤーはお互いに接続ができる。GOG.com強化版は、リフレッシュレートの制御のアップスケーリング、アスペクト比の補正を含むHD解像度に対応、さらにバグの修正、Windows 10向けの最適化が行われている。

 Blizzardは現在のところ、拡張パック『ディアブロ:ヘルファイア』、『ディアブロII』をGOG.comで提供する予定はないとのことだが、『Warcraft:Orcs and Humans』、『Warcraft II』がリリースされる予定だという。

(画像はGOG.com Diabloより)
(画像はGOG.com Diabloより)
(画像はGOG.com Diabloより)
(画像はGOG.com Diabloより)

 残念ながら英語版のみの提供だが、会話よりもバトルが主眼なので、簡単な英語さえわかれば、それほど問題はないだろう。ただし何も準備なしに始めると当時の操作系に戸惑うので、最低限、付属するマニュアルには目を通しておきたい。当時、世界中の人が虜になった本作。この機会にあらためてプレイしてみてはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

関連記事:

基本無料のハクスラRPG『Path of Exile』がPS4で12月にリリース。無限に遊べる膨大なキャラクタービルドを特徴としたハードコアゲーム

Blizzardが日本公式Twitterアカウント開設。11月3日からのBlizzCon 2018に合わせたオフィシャルオフラインイベントを神奈川で開催

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧