リズム・ダンジョン探索アクション『クリプト・オブ・ネクロダンサー』と『ゼルダの伝説』がコラボ。『ケイデンス・オブ・ハイラル』正式発表

 任天堂はBrace Yourself Gamesが開発するNintendo Switch向けリズムアクションゲーム『Cadence of Hyrule – Crypt of the Necrodancer ft. The Legend of Zelda』を発表した。2019年春発売予定。日本でもスパイク・チュンソフトが『ケイデンス・オブ・ハイラル:クリプト・オブ・ネクロダンサー feat. ゼルダの伝説』(以下、ケイデンス・オブ・ハイラル)として日本語版を販売する。

 『ケイデンス・オブ・ハイラル』はBrace Yourself Gamesの『CRYPT OF THE NECRODANCER』(以下、NecroDancer)のコアメカニクスを利用したローグライクリズムアクションゲームだ。『不思議のダンジョン』シリーズのようなダンジョン探索ゲームがベースだが、プレイヤーが動いたときに1ターンが進むのではなく、BGMの1ビートが1ターンとして処理されるのが特徴となっている。

 ビートに合わない行動入力は失敗扱いとなり、プレイヤーはテンポよくキャラクターを操作して自動生成されるダンジョンを進んでいかなければならない。『ケイデンス・オブ・ハイラル』のトレイラーではUIが非表示となっているが、『NecroDancer』では画面下部にビートバーが表示され、タイミングよく行動することでボーナスが得られる。

(画像はYoutube 『Cadence of Hyrule – Crypt of the Necrodancer ft. The Legend of Zelda』より)
(画像はYoutube 『Cadence of Hyrule – Crypt of the Necrodancer ft. The Legend of Zelda』より)

 本作は『NecroDancer』の主人公であるケイデンスが、ハイラルを救うために冒険に出る。プレイアブルキャラクターはケイデンスだけでなく、『ゼルダの伝説』からリンクとゼルダ姫も登場する。16bitドット絵風だった『NecroDancer』のグラフィックも刷新し、BGMも『ゼルダの伝説』のリミックスとなっている。

 『ダンガンロンパ』『風来のシレン』など、さまざまな作品とコラボレーションを行った『NecroDancer』だが、『ケイデンス・オブ・ハイラル』のように新作ゲームが登場するほどの深いコラボはなかった。

(画像はYoutube 『Cadence of Hyrule – Crypt of the Necrodancer ft. The Legend of Zelda』より)
(画像はYoutube 『Cadence of Hyrule – Crypt of the Necrodancer ft. The Legend of Zelda』より)

 この異例のコラボについて、Brace Yourself GamesのCEOであるRyan Clark氏が海外メディアIGNのインタビューに答えている。もともとは『NecroDancer』に『ゼルダの伝説』のキャラクターを登場させられないかと任天堂に掛け合ったそうだが、任天堂は単純なDLCを超えたコラボレーションに興味を持ったという。

 音楽や楽器がテーマになることが多い『ゼルダの伝説』と『NecroDancer』のコラボは、単純に『NecroDancer』のスピンオフというだけではなく、『ゼルダの伝説』のゲームとしてもファンに受け入れられるものにしたいと語っている。

(画像はYoutube 『Cadence of Hyrule – Crypt of the Necrodancer ft. The Legend of Zelda』より)
(画像はYoutube 『Cadence of Hyrule – Crypt of the Necrodancer ft. The Legend of Zelda』より)

 任天堂は近年自社IPを使ったコラボレーションに力を入れており、『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』のような他作品との共演も珍しくなくなっている。とは言え、独立系デベロッパーがスピンオフ制作を行うというニュースは驚くべきことだ。2019年春発売と予想以上に発売間近なので、正確な発売日などの続報を待ちたい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

二脚人型ロボットが故郷を守るターンベース戦略RPG『Phantom Brigade』発表。『クリプト・オブ・ネクロダンサー』開発の最新作

まず2Dゲームで開発、社員300人で1週間遊ぶ!? 新作ゼルダ、任天堂の驚愕の開発手法に迫る。「時オカ」企画書も公開! 【ゲームの企画書:任天堂・青沼英二×スクエニ・藤澤仁】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧