『SEKIRO』タイムアタックが早くも「クリアタイム1時間切り」。「死」を超越した精密プレイで葦名を突き進む

 3月22日にリリースされた『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』(以下、SEKIRO)は、フロム・ソフトウェアの過去作と同等かそれ以上に難しいゲームであると話題だ。あまりに難しすぎるという意見を受け、フロム自身も序盤の攻略方法を指南する記事を制作するという措置をとっている。

 しかし、すでに『SEKIRO』に順応したプレイヤーたちはゲームクリアのみならずタイムアタックに挑戦し始めており、早くも配信者のDanflesh氏が1時間の壁を突破した。どんな手を使ってもエンディングに到達するAny%ルールで、記録は50分52秒。この記録はスピードランの記録集積サイト「Speedrun.com」に正式に登録されている。なおクリアタイムにロード時間は含まれていない。

 Danflesh氏は、もちろん最初から『SEKIRO』のプレイが上手かったわけではない。6日前にストリーミングした最初のプレイスルーでは、エンディングまで約25時間掛かっている。しかし敵の行動パターンやルートを徹底的に研究し、5日間でプレイタイムを1/25以下にまで縮めることが出来た。多くのシーンでほとんどの敵をスルーしつつ最短ルートを突き進み、できるだけ中ボスや大ボスを効率よく倒すという最適解プレイで攻略を進めているが、そのテクニックを手先に叩き込むのがいかに難しいかはプレイした人であるならばよくわかるだろう。

 早くも人類が1時間切りを達成した『SEKIRO』だが、これまでに発売された『DARK SOULS』シリーズ『Bloodborne』では、30分前後という速さでエンディングまでたどり着くプレイヤーたちが、今なおしのぎを削っている。『DARK SOULS II』に至っては15分。これが終わりではなく、『SEKIRO』の記録更新合戦の幕開けであるのあ間違いないだろう。海外フォーラムRedditなどでは、ボススキップや効率のいいルートの研究が少しずつ進められている。

(画像はTwitch | WR Any% Shura 50:52 RTA No Loadより)

 これまでの「Soul Borne」シリーズから様変わりした『SEKIRO』に対し、いったいプレイヤーはこれからどのような楽しい遊び方を見出すだろうか。時が経てばギターやハンドルコントローラーといった多種多様な入力デバイスを使った大道芸のようなプレイも見られるはずだ。今後に期待したい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

『デモンズソウル』と『ダクソ』3部作、『ブラッドボーン』を“一撃も攻撃を受けず”に連続クリア。DLC込みの超人プレイを成し遂げたプレイヤー現る

『SEKIRO』の死亡時に出る「死」を野菜の「菜」に変更する謎のModが配信中。健康そうな漢字が選ばれたその理由とは

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧