『モンハン ワールド』拡張『アイスボーン』のメインモンスター「冰龍 イヴェルカーナ」公開。ナルガクルガ復活に新アクション要素も

 カプコンは、2019年5月10日に実施した生放送「『モンスターハンター:ワールド』スペシャルプログラム 2019」で、PS4・PC向けタイトル『モンスターハンター:ワールド』に関する新たな情報を公開した。

 この番組には、プロデューサーの辻本良三氏、エグゼクティブディレクター兼アートディレクターの藤岡要氏、『モンスターハンター:ワールド』のディレクターである徳田優也氏、そして『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』(以下、『アイスボーン』と表記)のディレクターとなる市原大輔氏が出演。大型拡張コンテンツとなる『アイスボーン』の新情報などが公開された。

 『アイスボーン』では新たなフィールドやモンスターはもちろん、アクションやさらなるランクが追加される。狩りの舞台となるのは、寒冷地「渡りの凍て地」。『モンスターハンター:ワールド』のエンディング後からストーリーがはじまり、上位ランクを超えるマスターランク(G級に相当するもの)が追加される。

 「渡りの凍て地」は寒冷地であるため雪が降り積もっており、場合によっては雪に埋もれながら狩りを行う必要がある。雪の中を移動すればその跡が残り、ホットドリンクを摂ることで寒さをしのげる要素も復活している。今回の映像で紹介されたものはあくまで序盤のものであり、本作でもっとも広いエリアが展開されるという。

 環境生物も新たなものが登場。「ポポ」が群生しているほか、鳥類の「ケイコクチョウ」、ハジケ結晶の入った雪玉を転がしている「ユキダマコガネ」、そして従来と同じように捕まえることで移動ができる「コルトス」といったモンスターも存在する。また、場所によっては温泉も存在しており、そこには猿のような環境生物も現れるそうだ。

 新モンスターも紹介が行われた。「猛牛竜 バフバロ」は草食寄りの雑食のモンスターで、普段は温泉の水を飲んだり日光浴をしたりとのどかな様子を見ることができる。しかし怒らせてしまうと大きなツノで攻撃を繰り広げてくるうえ、木や岩などさまざまなものを巻き込みつつ突進してくるのが特徴だ。

 「凍魚竜 ブラントドス」は雪の中に潜りハンターを襲ってくるモンスター。雪がたくさん降り積もるフィールドならではのモンスターで、序盤に出会うことができるという。肉食モンスターであるため、ポポを捕食する様子も見られるそうだ。

 人気モンスターである「迅竜 ナルガクルガ」も復活する。このモンスターは『モンスターハンターポータブル 2nd G』に登場しており、素早い攻撃やトリッキーな立ち回りが特徴。懐かしいアクションなどを含みつつ、新たな変化も用意されているという。また、ナワバリ争いでリオレウスとやりあうこともあるようだ。

 さらに『アイスボーン』のメインモンスターとなる「冰龍 イヴェルカーナ」も発表された。この古龍は氷を操ることだけがわかっており、詳細については追って発表されるとのこと。

 『アイスボーン』ではアクションに関しても手が加えられてる。「スリンガー」は調整が行われており、抜刀中にも発射できるようになった。さらに「クラッチクロー」が追加され、モンスターにしがみつくことが可能に。張り付いたあとはいくつかのアクションが行うことができ、相手を強制的に移動させる「ぶっ飛ばし」や、しがみついてから武器で攻撃を行うこともできる。

 「強化撃ち」という要素も追加。これは通常のスリンガーより射程が短くなるものの、強くなった状態で撃つことができる。モンスターのひるみが奪いやすくなるため、溜め攻撃を狙いやすいくなるそうだ。

 また、すべての武器種で新しい連携アクションと新要素が追加される。双剣はクラッチクローとの連携攻撃が可能になっており、ライトボウガンでは回避しながらリロードできる新パーツが追加。スライディングしながら装填でき、パーツを複数利用することでリロードできる弾数を増やすことができる。このほかの追加要素については追って発表されるとのこと。

(画像は『モンスターハンター:ワールド』スペシャルプログラム 2019 – YouTubeより)

 『モンスターハンター:ワールド』のアップデート情報も公開された。こちらでは2019年5月11日より「歴戦王 ネルギガンテ」が期間限定配信。オーグγ装備を作れるようになる。また、ネルギガンテのPS4ダイナミックテーマも配信開始となった。

 『モンスターハンター ワールド:アイスボーン』はPS4版が2019年9月6日発売予定で、Steam版は冬配信予定。価格は以下のようになる。

・PS4『モンスターハンターワールド:アイスボーン』DL版:4444円(税別)
・PS4『モンスターハンターワールド:アイスボーン デジタルデラックス』DL版:5370円(税別)
・PS4『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション』パッケージ版:6990円(税別)
・PS4『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション』DL版:6472円(税別)
・PS4『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション デジタルデラックス』DL版:7398円(税別)
・PS4『モンスターハンターワールド:アイスボーン コレクターズパッケージ』:14444円(税別)
・PS4『モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション コレクターズパッケージ』:16990円(税別)

ライター/渡邉卓也

関連記事:

『モンスターハンター』の「モンハン飯」再現レシピ本が3月30日に発売、回復薬やこんがり肉が作れる

「いまの子どもたちは『モンハン』で怪獣を見ている」──特撮のプロが見た『モンスターハンター:ワールド』【カプコン藤岡要×『ウルトラマンオーブ』田口清隆監督対談】

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ