『ポケモン』で就職活動の自己分析をしよう。自分のタイプをポケモンにたとえる「ポケモン自己分析」が公開

 株式会社ポケモンセンターは、公式サイトにて「ポケモン自己分析」というコンテンツを公開している。

(画像は株式会社ポケモンセンター | 採用サイト | ポケモン自己分析より)

 全国各地には『ポケットモンスター』シリーズのグッズなどを販売する「ポケモンセンター」というオフィシャルショップが存在しており、その求人の一環として株式会社ポケモンセンターが特設サイトを公開。サイト内コンテンツのひとつとして、自分の特徴をポケモンにたとえて捉える「ポケモン自己分析」が登場している。

 「ポケモン自己分析」では16個の質問に答えることにより、自分がどのポケモンの要素を持つ人材なのかを判定してもらうことが可能。また、相性のいい人や、逆に相性が悪い人と接するときに注意すべきポイントなども教えてもらえるというわけだ。

(画像は株式会社ポケモンセンター | 採用サイト | ポケモン自己分析より)
(画像は株式会社ポケモンセンター | 採用サイト | ポケモン自己分析より)
(画像は株式会社ポケモンセンター | 採用サイト | ポケモン自己分析より)

 診断結果のパターンは意外と多く、仲間が集まるとパワーを発揮する「ピカチュウ」、場合によっては感情が爆発しかねない「マルマイン」、相手にあわせて変化できる「メタモン」、大器晩成型の「コイキング」などさまざま。

 熱い炎を吐くことができ人気も高い「リザードン」は情熱で周囲を引っ張るリーダータイプ、さまざまなポケモンに進化できる「イーブイ」はどんな環境にも対応できる万能タイプと設定されており、まさしくポケモンらしさを活かした自己分析になっている。さらに、診断結果のなかには幻のポケモンも隠れているようだ。

ライター/渡邉卓也

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧