「PCエンジン mini」に『天外魔境II 卍MARU』、『源平討魔伝』、『ワルキューレの伝説』など8タイトル追加へ。全58タイトルの収録が決定

 コナミデジタルエンタテインメントは、2020年3月19日に発売予定しているPCエンジンをコンパクトなサイズに復刻した「PCエンジン mini」に、追加収録する8タイトルを発表した。これですでに発表済みの50タイトルと合わせて、全58タイトルが確定した形だ。

 今回、発表されたのは、以下のタイトル。

・『天外魔境II 卍MARU』(1992年)
・『ドラゴンスピリット』(1988年)
・『源平討魔伝』(1990年)
・『ワルキューレの伝説』(1990年)
・『ギャラガ’88』(1988年)
・『スプラッターハウス』(1990年)
・『精霊戦士スプリガン』(1991年)
・『スプリガン mark2』(1992年)

(画像はコナミデジタルエンタテイメント「『PCエンジン mini』、収録タイトルの追加が決定!」より)
(画像はコナミデジタルエンタテイメント「『PCエンジン mini』、収録タイトルの追加が決定!」より)
(画像はコナミデジタルエンタテイメント「『PCエンジン mini』、収録タイトルの追加が決定!」より)
(画像はコナミデジタルエンタテイメント「『PCエンジン mini』、収録タイトルの追加が決定!」より)

 また今回の発表で合わせて、レトロゲームの移植が得意なことで知られている有限会社M2(エムツー)が、PCエンジン miniの制作に協力していることが明らかになった。

 PCエンジン miniは、北米版モデル「ターボグラフィックス-16 mini」、欧州版モデル「PCエンジン コアグラフィックス mini」も同時発売する。Amazonではこれらも輸入販売され、機種ごとの収録タイトルを比較した特設ページが開設されている。

 特に今回追加されたタイトルでの注意点としては、『天外魔境II 卍MARU』は北米・欧州版では追加されておらず、全57タイトルになることだ。また以前から発表されている通り、『ときめきメモリアル』も北米・欧州版では収録されていない。

 その他の違いとしては、日本語版『沙羅曼蛇』が、国内版には収録されておらず、北米・欧州版のみの収録となる。また国内版に収録されている『スプラッターハウス』は、北米・欧州版では、『スプラッターハウス』の海外版である『Splatterhouse』になっている。また日本版PCエンジン miniのゲームパッドには、海外版と違って連射機能はない。ただし周辺機器として、連射機能を持つ「ターボパッド for PCエンジン mini」が発売されることが発表されている。このように機種ごとに違いがあるので、注意しよう。

 Amazonでは、プライムデー記念発売として「収録ゲームオリジナル楽曲(曲数未定)付」の特典がついたPCエンジン miniが販売していたが、現在では完売しており、通常版に切り替わっている。今回の発表でPCエンジン miniを入手したくなった人でも通常版は問題なくAmazonで注文できるので、安心して欲しい。販売価格は税別10500円。間違っても、高値で転売されているものを注文しないように気をつけよう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧