消えたイーサン少年を探せ。一人称視点アドベンチャー『The Vanishing of Ethan Carter』のNintendo Switch版が海外で8月15日にリリース

 ポーランドのデベロッパーThe Astronautsは、一人称視点アドベンチャー『The Vanishing of Ethan Carter』のNintendo Switch版を8月15日に海外でリリースすることを発表した。価格は20ドル。

 ゲームの内容はUnreal Engine 4でリマスターした『The Vanishing of Ethan Carter Redux』に準拠し、携帯モードのために字幕を大きくするNintendo Switch向けの機能が追加される。

 ゲームはイーサン・カーター少年から助けを求める手紙を受け取った超常現象探偵のポール・プロスペローが、ウィスコンシン州レッドクリークバレーに訪れるところから始まる。集落では常軌を逸した殺人事件が多発しており、手紙の主であるイーサン少年を含めた村の住人達は忽然と行方をくらませていた。

 プレイヤーは死体から死者が最後に見た光景を追体験できる能力を持つポール・プロスペローとして、集落で起きた事件の真相を究明しイーサン少年を助け出さなければならない。


(画像はSteam『The Vanishing of Ethan Carter』より)

 『The Vanishing of Ethan Carter』は、広大なレッドクリークバレーを自由に歩きまわりながら探索できるオープンワールド環境が構築されている。さまざまな謎がパズルとして隠されており、それらの謎を解くことでレッドクリークバレーで起きた事件の真相が少しずつ明らかにされていく。

 また、すでにRedux版がリリースされて4年が経つが、広大なレッドクリークバレーのグラフィックは一見の価値がある。フォトグラメトリー技術を利用し、小規模開発でもディテールにこだわったオープンワールドマップを製作することが可能なことを示した作品だ。レッドクリークバレーは架空の土地だが、フォトグラメトリーに使われたのはポーランドのクルコノシェ山脈だという。

※あるユーチューバーがクルコノシェ山脈とゲームのロケーションを比較した動画を投稿している。


(画像はSteam『The Vanishing of Ethan Carter』より)

 PC版『The Vanishing of Ethan Carter』は、The Astronauts公認という形でプロの翻訳者が日本語化MODを公開しているため、高品質な日本語版を追加料金無しで楽しめる。残念ながら公式には日本語に対応しているわけではないので、Nintendo Switch版が日本でリリースされるかどうかは難しいところだ。

 グラフィックとストーリーの両面で評価も高く、レッドクリークバレーに隠された謎は恐ろしくも少し物悲しい。ぜひとも日本でのリリースも期待したい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧