『The Last of Us Part II』にマルチプレイモードは無し。シングルプレイ体験に焦点を当て、もっとも野心的なシングルプレイゲームへ

 Naughty Dogは、2月21日発売予定の『The Last of Us Part II』(以下、TLoU2)にマルチプレイモードが搭載されないことを正式に発表した。もともとは前作同様、マルチプレイを搭載する予定だったが、開発が進むにつれて『TLoU2』は同社のもっとも野心的なシングルプレイキャンペーンを実現するために難しい決断に至ったという。

 ただし、開発チームはマルチプレイへの野心を捨てておらず、いつ、どこで実現するかは決定していないとしながらも、将来的に『TLoU2』以外の何らかの形で成果を示すとしている。

(画像は『TLoU2』公式サイトより)

 ここ近年のNaughty Dogの過去作品には、2009年の『アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団』(Uncharted 2)から『アンチャーテッド』シリーズならびに『The Last of Us』まで、シングルモードに付随する形でマルチプレイモードが搭載されてきた。

 『The Last of Us』に搭載されていたのは、ファイアフライかハンターのどちらかの勢力に所属し、資源を集めながら12週間を生き延びるというルールのモードだ。1日がマルチプレイの一試合に相当するため、1周は84戦という計算になる。リスポーン回数がチーム全体で20回に制限されたチームデスマッチ「資源争奪戦」、リスポーンなしで戦うラウンド制のチームデスマッチ「生き残り戦」、そしてステージに隠された金庫を解錠する「金庫争奪戦」と、さらに3つのルールが用意されている。

※2013年6月に公開された『TLoU』のマルチプレイトレイラー。

 E3 2018では、海外メディアGamestopのインタビューにて、Naughty Dogの共同ディレクターのアンソニー・ニューマン氏は、新作でも同様のマルチプレイモードが搭載されると語っていた。そこから約1年間の開発の間でマルチプレイモード搭載を断念したようだ。

 この件に関して、リードゲームデザイナーのエミリアシャッツ氏は海外メディアUSGamerに対して、「『TLoU2』はシングルプレイ体験に焦点を当てているため、シングルプレイゲームを作っています」と語っている。

 Twitterの『TLoU』公式アカウントへは、ユーザーから失望したという意見があれば、『TLoU』はシングルプレイ重視のゲームだったから気にしないという声もあり、賛否両論の意見が届けられている。一方の勢力に属し、マルチプレイの成績から自勢力の未来が決まるというルールは、『TLoU』の世界にも合致しておりファンが多いことも事実だ。

 少なくとも2018年までのマルチプレイ開発のノウハウも蓄積していることも間違いなく、Naughty Dog自身も何らかの形で成果を形にすることにも前向きだ。今後マルチプレイに関してファンを安心させるような何らかの発表があることを期待したい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧