本郷奏多・栗山千明出演の『Death Come True』予告映像が公開。『ダンガンロンパ』シリーズなどの音楽を手がけた高田雅史氏が音楽を担当、対応端末の発表も

 イザナギゲームズは12月14日(土)、実写ゲーム『Death Come True』の予告映像を公開した。また本作の音楽は、『ダンガンロンパ』シリーズや『PsychoBreak』(2014年)、『killer7』(2005年)などで知られる、音楽プロデューサーの高田雅史氏が担当することも発表されている。

 また、15日(日)には『Death Come True』公式Twitterアカウントより、iOS、Android、Nintendo Switch、PlayStation 4、PCに対応予定とする対応端末の発表も行っている。

 イザナギゲームズの新作『Death Come True』は、ゲームディレクター・シナリオを『ダンガンロンパ』シリーズで知られる小高和剛氏、プロデューサーをイザナギゲームズ代表の梅田慎介氏が担当。本作は映画とゲームを融合させた「インタラクティブコンテンツ」を目指して制作されており、プレイヤーの選択によって複数の異なる結末に展開するという。

 公開された映像では記憶を喪失した状態の主人公「カラキ マコト」や、浴室に気絶したまま監禁させられている女性捜査官「サチムラ アカネ」の姿が確認できるほか、ガスマスクを着用した謎の男がバットを振りかぶる様子が見られる。また、ティザームービーの後半では「ケイサツを入れる」選択肢が登場するシーンもあり、ゲームシステムがどのようなものになるのかが予想できそうだ。

 音楽を担当する高田雅史氏は、今回の発表に関して「全編実写のゲームに参加するのは初めての経験なので、日々楽しく制作しています!音まわりにも耳を傾けていただけると嬉しいです。」とコメントを寄せている。

 次は7日後の12月20日(金)の17時に、第3の出演俳優が発表される予定となっているため、カウントダウンサイト公式Twitterアカウントからの続報を待ちたい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧