「ニンテンドープレイステーション」のプロトタイプが競売へ。1億3千万円のオファーを断ったという超レア商品

 ソニーが開発していたスーパーファミコン向け周辺機器、いわゆる「ニンテンドープレイステーション」のプロトタイプが競売にかけられることが判明した。オークションは2020年2月27日に、テキサス州ダラスにてヘリテージオークションを通じて行われる。

 ニンテンドープレイステーションは、ソニーが1990年ごろに開発していたスーパーファミコン向けのCD-ROMドライブ拡張ユニットだ。残念ながら世に出ることはなかったが、ソニーは諦めずに「プレイステーション」として商品化。CDドライブを用いた同コンソールは、2020年に発売予定であるPlayStation 5へと続くゲームコンソールを代表するプロダクトシリーズへと成長している。

 海外メディアIGNによると、ニンテンドープレイステーションは200台ばかりが生産されていたという。今回オークションにかけられるのはそのうちの一台だ。出品者のディーボルト氏はわずか75ドルで手に入れたという。

(画像はヘリテージオークションより)

 気になる予想落札価格だが、海外メディアKotakuがヘリテージオークションにインタビューしたところ、最低落札価格は設定しないとのこと。ニンテンドープレイステーションはこれまでオークションに出品された実績が無いため、市場価格をつけようがないためだ。

 参考として、ディーボルト氏は以前ノルウェーに住むとある人物から120万ドル(約1億3千万円)で購入したいという申し出を断っている。これは息子と半分に分け、税金を払って借金返済を行った場合手元にほとんど残らないからだという。

(画像はヘリテージオークションより)

 ヘリテージオークションはこれまで、未開封の『スーパーマリオブラザーズ』を約1100万円で、マジック・ザ・ギャザリングのカード「ブラックロータス」を1800万円で取引した実績がある。
 もし、ニンテンドープレイステーションが1億円を超える値がつけば、ヘリテージオークションで取引されたゲーム関連商品の中でももっとも高価な品になるだろう。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧