25年前に発売された「バーチャルボーイ」をテレビでも遊べるよう改造したファン現る。『V-Tetris』や『ジャック・ブラザースの迷路でヒーホー!』をテレビでプレイ可能

 レトロコンソールの改造を行うストリーマーのiFixRetro氏が、「バーチャルボーイ」をテレビに出力してプレイできるコンソールを開発した。Twitter上に実際に制作したハードウェアを公開している。

 改造コンソールはmarcus9199氏が開発した筐体の中に、Virtual Tapとサーボエミュレーター、そしてバーチャルボーイ本体の基板が組み込まれている。

 Virtual Tapはバーチャルボーイをテレビに出力するためのパーツだ。Virtual Tapによってアップスケーリングができ、赤一色である画面を別の色に変更することもできる。上記のツイートでも、緑色の画面に変更されていることが確認できる。サーボエミュレーターは、バーチャルボーイのモーターとミラーが実際に稼働しているようにごまかすためのエミュレーターだ。

 このコンソールを使用することで以下の写真のように、テレビでバーチャルボーイを遊ぶことができる。

(画像はThingiverseより)

 バーチャルボーイは1995年に任天堂から発売された3Dゲームコンソールだ。ゴーグル型の筐体で、プレイヤーは筐体をのぞき込んでゲームをプレイする。赤単色ながら視差による立体視を実現。日本では『バーチャルボーイワリオランド アワゾンの秘宝』『ジャック・ブラザースの迷路でヒーホー!』など、任天堂だけでなく複数のデベロッパーから対応ソフトが20本ほど発売された。

 その特異なコンセプトと機体ゆえに、バーチャルコンソールや復刻などで手軽にプレイする手段がない作品ばかり。もちろん実機でプレイする感覚とは異なるが、もしこのようにテレビでプレイできる環境があればと、うらやましく思う方もいるかもしれない。なお現在、Oculus Riftではバーチャルボーイのエミュレーターも開発されている。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧