任天堂の名作麻雀ゲームがスイッチ向けに蘇る『アーケードアーカイブス VS. 麻雀』2月21日から配信。難易度変更やスコアのオンラインランキングも搭載

 ハムスターは、Nintendo Switch向けに同社が運営する『アーケードアーカイブス』シリーズにおいて、ダウンロードソフト『アーケードアーカイブス VS. 麻雀』 を2月21日(金)より配信することを発表した。価格は838円(税込)。

 『アーケードアーカイブス』 シリーズは、アーケードゲームの名作を忠実に再現することをコンセプトに開発を行っている。今回配信される『VS. 麻雀』は、1984年に任天堂より発売されたふたり打ちの麻雀ゲーム。

 本作は1986年にファミリーコンピュータ版の『麻雀』も発売されており、心理戦などの複雑な駆け引きがなく、ひとりで手軽に麻雀を楽しめることから高い評価を受けていた。

 アーケード版はファミリーコンピュータ版と異なり、2画面での対戦プレイや、一番弱い「初級」で固定されるコンピュータの強さ、半荘(計8局)1回勝負のルールなど、筐体の占有時間を長くしすぎないための工夫がある。

 『アーケードアーカイブス VS. 麻雀』では、シリーズおなじみの難易度変更や、ブラウン管の画面の雰囲気を再現する設定機能を搭載している。ひとりではコンピュータ相手にじっくり練習でき、ふたりで家族や友人との対戦も楽しめる。

 簡単な役を狙って手堅く勝つのもいいが、本作はオンラインランキングにも対応している。難しい役を狙って、世界中のプレイヤーとスコアを競ってみるのもよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧