Epic Gamesにて中世オープンワールドRPG『Kingdom Come:Deliverance』の無料配布が開始。2月21日からは『Faeria』が配布予定

 Epic Gamesは、オープンワールドRPG『Kingdom Come:Deliverance』と、ターン制戦略ゲーム『Astez』の無料配布を日本時間2月14日(金)の午前1時より開始した。期間は日本時間で2月21日(金)の午前1時まで。

 2018年に発売された『Kingdom Come:Deliverance』は、神聖ローマ帝国を舞台に、親の仇である侵略軍と戦う壮大なストーリーが特長の作品だ。自由に世界を探検できるオープンワールドの要素を持ち、クエストの解決方法もさまざま。プレイヤーの決定した行動が、周囲のキャラクターの反応に影響していく。

(画像はSteam「Kingdom Come: Deliverance」より)

 また、中世の世界設定には専門家の意見も取り入れられており、ゲーム内では歴史上の人物に出会うことも可能。雄大な城や広大な農地など、高性能グラフィックで描かれる世界を、違和感なく心ゆくまで楽しめる作品だろう。

(画像はSteam「Kingdom Come: Deliverance」より)

 もうひとつの『Aztez』は、アステカ帝国を舞台にしたターン制の戦略ゲーム。戦闘では対戦アクションの要素も含まれており、ストアページではいわゆる”ハイブリッドゲーム”と説明されている。

 ゲーム内では「Astez」と呼ばれる戦士を展開し、スキルと策略、そして限りのある兵力を上手く利用して、メキシコ盆地に迫る敵と戦っていく。マップをはじめ、戦闘の相手などは開始時に毎回変化するので、ストラテジーゲーム特有の面白さを手軽に体験できる。

(画像はSteam「Aztez」より)
(画像はSteam「Aztez」より)

 また、モノトーン調で描かれる戦闘画面では、70以上のカスタムアイテムと8種類の武器で強くなれる「Astez」達を操作して、爽快感のある戦闘を楽しめる。対戦相手には、歴史上の戦士や神話上の敵も登場し、大迫力の攻撃を繰り出してくることだろう。

(画像はSteam「Aztez」より)

 なお、2月21日(金)からは、カードゲームと戦略ボードゲームの要素が融合したファンタジー戦略ゲーム『Faeria』が配布される予定だ。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧