西部劇ゲー『RDR2』の主人公アーサー・モーガンが全裸で荒野を進む謎のTwitterアカウントが開設。絶妙な角度で股間が隠れたスクショが投稿され始める

 『レッド・デッド・リデンプション2』の主人公「アーサー・モーガン」は頭が切れて冷静沈着なできる男であり、ゲーム本編では「ダッチギャング」のリーダーであるダッチの片腕として難題が続くギャング団を支えようとする。

 そのアーサー・モーガンが、もし奇跡的な角度で股間を隠しつつ全裸で荒野を徘徊していたら? そんな謎のスクリーンショットを貼り続ける「Outlaw Morgan」(無法者ローガン)なるTwitterアカウントが開設された。

 2018年に発売された『レッド・デッド・リデンプション2』は、すべてのエンターテイメントで初週の週末販売記録7億2500万ドルを成し遂げるなど、素晴らしい成功を収めたゲームだ。広大なオープンワールドで、さらに西部開拓の荒野が舞台と言うこともあり、開放的な気分になれると評判だ。

 だが、主人公のアーサー・モーガンが全裸のまま荒野を徘徊できるとしたら、もっと開放的な気分になれると誰しも思ったはず。ゲーム中では風呂に入っているときなどはアーサー・モーガンは全裸になるが、外に出ると服を着てしまう。

 そのようなプレイヤーの心情を察してか、「Outlaw Morgan」なる謎のTwitterアカウントが開設された。全裸となって、心も体も真のアウトローになったアーサー・モーガンが全裸姿で夜空をバックに仁王立ちしたり、全裸のまま保安官事務所を訪ねようとしているスクリーンショットが投稿されている。TwitterIDは、@Arthurmorganist=アーサー・モーガン主義となかなか意味深だ。

(画像はTwitter@Arthurmorganistより)
(画像はTwitter@Arthurmorganistより)

 実はアーサー・モーガンを全裸にさせる方法は2通りある。ひとつはPC版でヌード系MODを使う方法だ。なお、注意点としては、このMODを『レッド・デッド・オンライン』で使うとBANされる危険性があること。いかにワイルド・ワイルド・ウエスタンな世界でも、流石にワイルドが過ぎるのかもしれない。

 もうひとつがバグを使った方法だ。これは海外フォーラムredditのユーザーによって1年ほど前に報告された方法である。

 手順としては、ゲーム中盤、最東にあるヴァンホーン交易所まで行き、風呂がある家の壁にかかっている「BATH・.RENT ROOM」の張り紙を調べて25セントを支払う。そこから2階に上がるのだが、そのままベランダからバスルームには入らずに、その右側にある柵をバスルーム外壁に沿いつつ一人称視点で乗り越える。上手くいくと扉をあけずに、ポリゴンの境目からバスルームに入ることができる。

 そこで事前に用意していた火炎瓶を風呂めがけて投げ、すぐ部屋を出る。すると外に出たはずなのに部屋に入ってくるカットシーンが始まり、アーサーは風呂に入ることに。しかし風呂は火炎瓶で燃えているため、アーサーは湯船に漬かりながらダメージを受け続けて死んでしまう。そこでリスポーンすると、アーサーの全裸の姿となっており、そこから自由に動き回ることができる。(なお日本版ではパンツを履いていることが確認されている)

(画像はTwitter@Arthurmorganistより)
(画像はTwitter@Arthurmorganistより)

 今回、TwitterでOutlaw Morganさんが投稿しているのは、後者の方法を利用しているようだ。なお、この全裸の状態からガンベルトを巻いて銃を装備することも可能。この状態では一見すると、もはや、これでは違う意味での映画『荒野の用心棒』といえそうだが、しっかりと正規の銃を撃つことができる。

 なおこのアカウント、まだ開設したばかりで、記事執筆時点ではフォロワーはひとりしかいない。先駆けてフォロワーになるには今がチャンスだ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧