ふたり用パズルアクションゲーム『ibb & obb(イッブとオッブ)』スイッチ版が発売開始。オンライン協力プレイ対応のカラフルで不思議な重力パズル

 Sparpweedは、協力プレイで乗り越えていくふたり用パズルアクションゲーム『ibb & obb(イッブとオッブ)』のNintendo Switch版を3月5日(木)に発売したことを発表した。価格は1580円(税込)。日本語ローカライズおよびリリース支援は架け橋ゲームズが担当している。

 『ibb & obb』は、重力が場所によって入れかわる不思議でカラフルな世界を協力プレイで乗り越えていく、ふたり用のパズルアクションゲームだ。本作はローカル通信だけでなく、オンライン通信にも対応しているため、友達や家族、もしくはオンラインで見つけた誰かと力を合わせながら冒険できる。

 ステージは全15種類あるほか、8種類の隠しステージもどこかに用意されているという。舞台となるカラフルな世界を動きまわるユニークな生き物たちをはじめ、冒険を進めていく度に新たな発見に出会えるだろう。また、音楽家 Kettel氏による、あたたかさを感じられるオリジナルBGMにも耳を傾けてみてほしい。

 Sparpweedは、Richard Boeser氏とRoland IJzermans氏のふたりで結成したオランダのインディーゲームスタジオだ。本作『ibb & obb』は2013年にPS3用ソフトとして海外向けに発売されており、その後2014年にSteam版を発売している。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧