『Age of Empires II』のアジア大会をマイクロソフトが開催へ。日本を含む8地域で2020年第1四半期より約1年にわたりトーナメントが実施予定

 eスポーツのトーナメントホスティングプラットフォーム「Mogul」とマイクロソフトは、「Age of Empires II Asia Cup」(以下、AOE2 Asia Cup)を開催することを発表した。使用するのは、2019年11月に発売されたシリーズ集大成となる『Age of Empires II: Definitive Edition』。詳しいルールや賞金額などは明かされていない。

 トーナメントは日本も含めたオーストラリア、ニュージーランド、ベトナム、シンガポール、タイ、インドネシア、韓国の8つの地域で2020年第1四半期よりスタート。4シーズン12ヶ月に渡って開催され、シリーズのクライマックスで決勝戦を迎える。各シーズンの上位4チームは「AOE2 Asia Cup」メジャーの地位を手にする。

(画像はSteam 『Age of Empires II: Definitive Edition』より)

 『Age of Empires II』はリアルタイムのストラテジーゲームで、1999年にオリジナル版である『Age of Empires II: The Age of Kings』が発売されてから、現在まで拡張版やHDエディションがリリースされてきた。

 日本では『エイジ オブ エンパイア II: エイジ オブ キング』としてマイクロソフトが販売する日本語版が広く流通し、PlayStation 2にも移植されたためRTSの中では特に知名度が高い。特に2000年前後でPCゲームを遊んでいたプレイヤーで知らない方はいないだろう。

 トーナメント開催にあたり、マイクロソフトのゲームカテゴリアジア担当ディレクタージェレミー・ヒントン氏は「『Age of Empires』はアジアのゲーマーにとって象徴的なPCタイトルであり、「Age of Empires II Asia Cup」にMogulと参加できることを非常に楽しみにしています」と語っている。

 大会で採用された『Age of Empires II: Definitive Edition』は、これまでのコンテンツに加え3つの新しいキャンペーンと4つの新しい文明を追加する「最後のハーン」が導入されたシリーズ決定版だ。グラフィックのリマスターだけでなく、オンライントーナメントを主眼に置いたマルチプレイ機能として、スペクテーター(観客)モードやネイティブストリーミングも搭載された。

(画像はSteam 『Age of Empires II: Definitive Edition』より)

 なお現在、2005年に発売された『Age of Empires III』から約15年ぶりのシリーズ完全新作『Age of Empires IV』も開発中となっており、「AOE2 Asia Cup」を足掛かりに同作でもeスポーツシーンが展開されていくことが期待される。

 日本でも『Age of Empires II』でかつてはランカーだったという方も少なくないだろう。これを機に『Age of Empires II: Definitive Edition』を購入して世界を目指してみるのはいかがだろうか。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧