『The Wonderful 101: Remastered』が約2億3500万円をクラウドファンディングで調達。「ワンダ・ゴーグル」が主役の新モードやリミックス楽曲を収録したデジタルサウンドトラックの制作が決定

 日本時間3月7日(土)午後2時、プラチナゲームズはファンディングプラットフォームKickstarterで実施した『The Wonderful 101: Remastered』(ザ・ワンダフル ワン・オー・ワン:リマスタード)の製作費をつのるプロジェクトを終了し、最終的に223万5000ドル(2億3500万円)を調達した。

(画像はThe Wonderful 101: Remastered by PlatinumGames Inc. — Kickstarterより)

 『The Wonderful 101』は、2013年に発売されたWii U専用ソフト。ディレクターは神谷英樹氏が担当している。今回のプロジェクトは、同作を現行プラットフォームであるNintendo Switchで発売するために企画されたものだが、ストレッチゴールの達成によりSteam版およびPlayStation 4版も発売が決定した。

 ストレッチゴールについては8番目のストレッチゴールである200万ドル(2億1500万円)を突破したことから、“新たなるヒーロー”「ワンダ・ゴーグル」が主役の新モードとして、横スクロールアクションアドベンチャーのステージがふたつ制作されることが決定した。

 また、『世界樹の迷宮』シリーズ、『イース』シリーズで知られる古代祐三氏や、『マリオ&ルイージRPG』シリーズ、『キングダム ハーツ』シリーズの下村陽子氏、『NieR』シリーズ、TVアニメ『結城友奈は勇者である』シリーズのBGMを担当した岡部啓一氏など、スペシャルゲストによるリミックス楽曲を収録したデジタルサウンドトラックの制作も決まっている。

 出資者(バッカー)には金額に応じて、ダウンロード版あるいはパッケージ版のソフトをはじめ、デジタルコミック、ワンダフルキーホルダーなどの特製グッズがプレゼントされる。また、105ドル(1万1000円)以上出資したバッカーには、任意で選べる「神谷氏にTwitterアカウントをブロックされる権利」が付属していた。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧