ヒーロー戦隊の最新作『魔進戦隊キラメイジャー』にeスポーツ選手の「キラメイイエロー」が登場し話題に。回想で登場した『ゴッドイーター3』にも注目が集まる

 テレビ朝日系列にて3月8日(日)、『スーパーヒーロー戦隊』シリーズの最新作『魔進戦隊キラメイジャー』が放送開始され、「eスポーツ選手」の職業を持つ戦士が登場したことが話題となっている。なお、第1話は5月9日(土)いっぱいまで、テレビ朝日の公式YouTubeチャンネルにて無料配信中だ。

 『魔進戦隊キラメイジャー』は、5つの不思議な力を持つ宝石「キラメイストーン」と共鳴する5人の戦士たちの活躍を描く、『秘密戦隊ゴレンジャー』から数えてシリーズ44作目のスーパー戦隊である。“宝石”と“乗り物”をモチーフにしており、意思を持つ乗り物「魔進」(マシン)とそれぞれの戦士がパートナーとなって戦う。また、本作は「職業の多彩さ」も注目すべき要素だ。

 小宮璃央さんが演じるレッド/熱田充瑠はいわゆる“神絵師”と呼ばれるほか、新條由芽さんが演じるグリーン/速見瀬奈は100m走の日本記録を持つ女子陸上選手。水石亜飛夢さんが演じるブルー/押切時雨は大人気のイケメンアクション俳優で、工藤美桜さんが演じるピンク/大治小夜は美人すぎるスーパードクターと、優れた才能を持つメンバーが揃う。

 そんな中で、eスポーツ界のナンバーワンプレイヤーとして活躍しているのは、木原瑠生さんが演じるイエロー/射水為朝である。シューティングゲーム部門では賞金ランキング1位の実績を持ち、第1話の回想シーンでは、PlayStation 4SteamNintendo Switch向けに発売中のアクションRPG『ゴッドイーター3』をプレイしていた。

 第1話では、熱田が射水に対して「誰?」と一蹴するシーンで、射水のキャラクター性とまだまだ認知度が低いeスポーツ業界のリアルな描写が垣間見えた。第2話以降はそれぞれの戦士にフォーカスした内容が展開されていくようなので、今後の活躍と、eスポーツに対する注目度の高まりに期待したい。

 スーパー戦隊は『秘密戦隊ゴレンジャー』のような防衛組織に所属する「本業型」のヒーローと、一般人の若者が才能を見出されて戦うことになる「副業型」のヒーロー、そしてもともとあった運命や宿命と向き合い受け入れる「天性型」のヒーローの3つで大きく分けられるが、今作ではすでに開花した才能がそれぞれの形で活かされていく様子を見られるようだ。

 ソニー生命保険が2019年6月下旬から8日間実施した意識調査によれば、男子中学生の「将来なりたい職業」の2位にプロeスポーツ選手、3位にゲームクリエイターが選ばれており、男子の注目を集めていることがうかがえる。

 また、NPO法人の日本ファイナンシャル・プランナーズ協会が、2019年5月から10月にかけて集計した小学生の「将来なりたい職業」でもゲーム制作関連の職業が5位にランクイン。さらに、幻冬舎が運営する『13歳のハローワーク』公式サイトが発表した2020年2月の「人気職業ランキング」では、ゲームクリエイターが2位、ゲームプログラマーが16位に選ばれている。

 なお、第1話の前日譚となる映画『魔進戦隊キラメイジャー エピソードZERO』が、動画配信サービスの東映特撮ファンクラブ(TTFC)で配信されているので、興味があればこちらもチェックしてみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
ヨシムネ
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧