CD Projekt、『Cyber​​punk 2077』リリース後はすぐに「未発表のシングルプレイゲーム」の開発を小規模にスタートへ。詳細は不明ながらふたたび大作に

 現在『Cyber​​punk 2077』を開発するCD PROJEKTは、本作をリリースしたあとすぐに未発表のシングルプレイゲームの開発を小規模にスタートする意向であることを明らかにした。すでにある程度明確なコンセプトも有しているという。ポーランドに拠点を置くメディアStooqEurogamer.plがアダム・キシンスキ社長兼共同CEOにインタビューし、今後の開発体制について語っている。

(画像はSteam 『Cyber​​punk 2077』より)

 Stooqによれば、『Cyberpunk 2077』を9月17日に発売したあとは、同社最大の開発チームが『Cyber​​punk 2077』のマルチプレイモード開発に従事する。もうひとつの大規模な開発チームが同作そのものへの追加コンテンツを製作。そして3つ目の小さなチームが、コンセプトが完成した別の「大規模なシングルプレイヤーゲーム」の開発を開始する。

 キシンスキ社長はこのシングルプレイヤーゲームの詳細を具体的に明らかにしていないが、Eurogamer.plの記事では「CD PROJEKTは『Cyber​​punk 2077』と『The Witcher』のふたつの世界を持ち、これらの世界でゲームを作りたい」と示唆的に述べている。
 また、CD PROJEKTがこれまでのゲームの開発サイクルを変更する気はないともインタビュー中に述べ、大規模なシングルプレイヤーRPGの開発には今後も4年から5年を掛ける意向を示した。

(画像はSteam 『The Witcher 3: Wild Hunt』より)

 Eurogamer.plでのキシンスキ社長の発言から、新作は『The Witcher』のスピンオフ作品ではないかという予想がGames RaderPCGamerなど複数のメディアで広まっている。なお2016年には、Eurogamerの取材に応じた『The Witcher 3』のディレクターが、『The Witcher』の世界にふたたび戻りたい意向も示していた。

 次世代機の発売も控えた2020年、欧州でも1、2を争うゲームデベロッパーに成長したCD PROJEKTは、『Cyber​​punk 2077』のあとも精力的にゲームの開発を続けていくようだ。はたしてどのような作品が現れるのか、続報を期待して待ちたい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧