『Fallout 76』でトイレットペーパーの価格が高騰中。現実世界で起きたトイレットペーパーの買い占めや転売をプレイヤーたちが模倣

 新型コロナウイルスの感染拡大で、日本のみならず世界中でトイレットペーパーを買い込む人々が目撃されている。トイレットペーパーが不足するというデマが蔓延し、日本でも経済産業省が「供給に不足はない」と発表する異例の事態に見舞われた。

 そんなトイレットペーパーの需要急増は現実世界だけでなく、ゲームの世界にもやってきているようだ。核戦争後の世紀末を舞台にしたMMO『Fallout 76』のプレイヤーたちが現実の混乱をモチーフに、ゲーム内でトイレットペーパーの価格急騰を再現しているという。海外メディアPolygonが報じている。

(画像はOlderGamers氏のTwitterアカウントよりより)

 Twitter上では、現在『Fallout 76』のプレイヤーのベンダー(お店)では安くても数百cap、高くて数万capでトイレットペーパーが販売されていることが報告されている。また海外フォーラム「Reddit」では、『Fallout 76』にて「4つのトイレットペーパーを450capで買った人へのメッセージ」というスレッドが立てられ、さらに「トイレットペーパーを2万capで販売した」という書き込みも見られた。

  『Fallout 76』においてトイレットペーパーはクラフトで使用できるジャンク品だ。トイレットペーパ自体にはなんの効果もなく、通常は分解してクラフトアイテムに変換することになる。一般的な回復アイテムである「Med-X」でもひとつ40capなことを考えると、ジャンク品としてはあり得ない高値だ。

 ほかにも「トイレットペーパーを制する者がこの街を制する」と、マフィア風のプレイヤーキャラクターがトイレットペーパーの在庫を前に銃を構える画像を投稿する者や、さらには今や貴重品となったトイレットペーパーを自分のキャンプに展示するプレイヤーも現れているという。

(画像はBloodfartAUS氏のTwitterアカウントより)
(画像はStix Selvain氏のTwitterアカウントより)

 新型コロナウイルスで大変な時期だが、現実を模倣し、パロディとして笑い飛ばすパワーが『Fallout 76』には渦巻いているようだ。現実の世界がゲームを模倣し、本作のように荒廃しないことを願うばかりだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧