Nintendo Switch用アクションパズル『ミスタードリラーアンコール』が6月25日に発売。2002年発売の『ミスタードリラー ドリルランド』の移植作

 3月26日に公開された「Nintendo Direct mini 2020.3.26」にて、バンダイナムコエンターテインメントのアクションパズルゲーム『ミスタードリラーアンコール』が6月25日に発売されることが発表された。対応プラットフォームはNintendo Switchで価格は3520円。

 『ミスタードリラーアンコール』は、2002年にニンテンドー ゲームキューブで発売された『ミスタードリラー ドリルランド』の移植版だ。プレイヤーはホリ・ススムなどそれぞれ固有の能力を持った6人のドリラーからひとりを選び、さまざまな色のブロックで埋め尽くされた地底をドリルで掘り進む。隣り合う同色のブロックは一度に消すことができ、上から落ちてくるブロックに押しつぶされたり、酸素が切れるとゲームオーバーだ。

 『ミスタードリラーアンコール』には通常のルールの「ワールドドリルツアー」のほか、『ドルアーガの塔』をドリラー風にした「ドルアーガの穴」、聖水でゴーストを倒しながら掘り進む「ホラーナイトハウス」など、全5種類のルールが用意されている。

 また、ジョイコンを分け合って4人までのおすそわけプレイにも対応。ひとりでも仲間や家族とでもゲームを楽しめる。

(画像は任天堂『ミスタードリラーアンコール』より)
(画像は任天堂『ミスタードリラーアンコール』より)

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧