人気料理ゲーム『クッキング・ママ』の最新作で権利問題が発生。海外の開発企業が無断で販売を継続か

 2006年にニンテンドーDSで発売され、国内市場よりも海外市場で高い評価を得て人気が爆発した料理ゲーム『クッキング・ママ』。以降シリーズはスピンオフも含めて国内外で10作以上が作られ、累計販売本数は1200万本を突破している。

 そんな人気シリーズを手掛けてきた国内のゲーム企業オフィス・クリエイトが公式声明を公開し、最新作の開発を依頼した海外の企業が無断で販売を継続しており法的措置も検討していると発表した。

 問題となった『Cooking Mama: Cookstar』は、現地時間の3月31日にNintendo Switch向けに発売された。本作はベジタリアンモードのほかに、主要コンソールのゲームとして初めてブロックチェーン技術を採用するゲームとして宣伝されていたという。開発を担当したのはPlanet Entertainment(以下Planet社)である。

 しかしなぜかゲームは発売されてからすぐにニンテンドーeショップから削除され、理由も明らかにされなかった。その後しばらくして、Planet社が物理パッケージ版を自社通販サイトで販売し始めている。こちらはページがまだ生きており、記事執筆時点では品切れながら現地時間4月15日に入荷予定だとされている。

(画像は『Cooking Mama: Cookstar』公式サイトより)

 同シリーズを開発・販売してきたオフィス・クリエイトは4月15日、Planet社が制作した『Cooking Mama: Cookstar』について公式声明を発表。現在Planet社が販売している同作は、『クッキング・ママ』の権利を所有するオフィス・クリエイトの許可なく販売されていると訴えた。

 また声明によれば、Nintendo Switch版に加え、まったく無許可だったPlayStation 4版の宣伝をPlanet社が続けており、これらについてオフィス・クリエイトは法的措置を検討中としている。

 さらにオフィス・クリエイトは『Cooking Mama: Cookstar』の製作をPlanet社に依頼はしたものの、ゲームは求める水準に遠く及ばなかったそうで、再三の修正指示を行ったが、Planet社は従うことなくゲームの販売に至った説明している。公式声明の全文は以下のとおり。

2020年4月15日

「クッキングママ」ご愛顧の皆様

株式会社オフィス・クリエイト

Planet Entertainment社による「Cooking Mama: Cookstar」無断販売の件

拝啓 平素は「クッキングママ」シリーズをご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。
 ご承知のお客様もいらっしゃるかと存じますが、Planet Entertainment LLC(本社:米国コネチカット州。以下「Planet社」といいます。)は、近時、「Cooking Mama: Cookstar」をリリースし、当社が認識する限りでも米国、欧州及びオーストラリアにおいて販売活動を開始しております。しかしながら、Planet社による販売活動は、弊社との契約に違反し、弊社に無断でなされているものであり、誠に遺憾であります。

 当社は、Planet社との間で、2018年8月、米国、欧州等向け「任天堂スイッチ™版『クッキングママ』」のライセンス契約を締結し、同契約に基づいて、Planet社は「Cooking Mama: Cookstar」の製作に着手致しました。しかるに、そのゲームの品質は到底お客様にご満足頂けるものではなく、弊社「クッキングママ」シリーズには遠く及びませんでした。そのため、弊社は、Planet社に対し、ゲーム内容の修正を再三指示して参りましたが、Planet社は、これに従うことなく、前記のとおり、弊社に無断で「Cooking Mama: Cookstar」を製造、発売するに至りました。

 さらに、弊社が調査したところ、Planet社及び/又はその欧州販売代理店は、欧州においてPS4™版「Cooking Mama: Cookstar」の販売、宣伝も行っていることが判明しており、もちろんのこと、弊社は、PS4™版については一切の許諾を致しておりません。

 このようなPlanet社による一連の違反行為を受け、弊社は、2020年3月30日、Planet社に対し、前記ライセンス契約の即時解除を通知致しました。にもかかわらず、Planet社は、「Cooking Mama: Cookstar」の販売、宣伝を継続しております。

 弊社と致しましては、弊社の重要な資産である「クッキングママ」シリーズを保護し、お客様にご愛顧頂くため、Planet社に対して法的措置を講じるべく検討中です。

 改めまして、Planet社が販売する「Cooking Mama: Cookstar」を購入され、又は、ご購入をご検討されている皆様、さらには、「クッキングママ」を長年ご愛顧のお客様には、多大なご迷惑をおかけ致しておりますことを謹んでお詫び申し上げます。

敬具

 なお不可解なストア上の動きが見えてから数日が経った当時、同作がなぜニンテンドーeショップから突如削除されたのか疑問に思うユーザーは多く、一部の人々のあいだではブロックチェーン技術の宣伝から「本作が削除されたのはゲームの裏で仮想通貨のマイニングを行っていたのでは」という噂も流れた。

 だがこれは有名なTwitterユーザーのライアン・ブラウン氏が開発元に確認したほか、海外メディアScreenRantにて匿名で取材を受けた開発者により一応の否定が成されている。ほかにもDRM調査を独自にしているDoesltPlay氏は、Nintendo Switch版はそもそもオフライン状態で動作すると伝えている。

 マイニング疑惑を筆頭に海外ではこの事態に騒動が巻き起こり、このほかにも「Youtubeからリッピングしたと思われるデータが含まれていたから」「ブロックチェーン技術を削除したが、そのずさんさによりNintendo Switchのバッテリーを不必要に消耗させるようになったから」と主張する人々も現れたが、今回の公式声明を見る限りでは権利の問題にあったようだ。

 発売を心待ちにしていたファンのためにも、人気シリーズ最新作の疑惑に対し一刻も早い事態の解決が求められる。

【更新 2020/4/16 11:00】 Planet社はTwitter上で本件に関して公式声明を公開。オフィスクリエイトの承認を得たゲームデザインに基づきゲームの開発を続けてきたものの、完成間近にクリエイティブ上のすれ違いがあったと説明。それはPlanet社が承諾した範囲と、オフィスクリエイトが承認したデザインから外れているものだと続けた。また、同作を販売・宣伝するパブリッシングの権利は、Planet社が完全に有していると主張している。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧