『COD: Warzone』と『COD: MW』でチーターの疑いを持たれたプレイヤー同士をマッチングへ。Infinity Wardが新たなチート対策を発表

 Infinity Wardは、『Call of Duty: Warzone』『Call of Duty: Modern Warfare』の新たなチート(不正行為)対策を発表した。

(画像は『Call of Duty: Warzone』公式サイトより)

 今週からスタートするのは、プレイヤーが通報した“チーターとおぼしき人物”がBANされた場合に通知するシステムだ。直接のチート対策ではないが、通報がきちんと機能していることをユーザーにも伝えるのは信用の上でも重要となる。

 また、セキュリティアップデートやチート対策への開発チームのリソース増加のほか、チーターの疑いを持たれたプレイヤーは同じようにチーターの疑いを持たれたプレイヤーとしかマッチングしなくなる。

 かつてRespawn Entertainmentの『Titanfall』が同様の対策を発表し、「チーターのウィンブルドン」として大きな話題になった。バトルロイヤルゲームでは、同スタジオの『Apex Legends』が同じシステムを採用している。チーターであることが認められるとBANされるのは当然だが、疑わしいプレイヤーは隔離されることになるようだ。

 今後の予定として、誰かに殺害された時に再生される「キルカム」や観戦モードから直接プレイヤーを通報できるようになるという。おかしな動きをしたプレイヤーを直接簡単に通報できるようになるので、より一層チーターへの目が光ることになるだろう。

(画像は『Call of Duty』公式Twitterより)

 『Call of Duty: Warzone』においては基本無料・マルチプレイのバトルロイヤルゲームであるためプレイヤーが多く、チーターの人数もかなりのものだと予想される。アカウントがBANされてもチーターにとっては痛みがないため、格好の的になっていることは想像に難くない。

 海外掲示板サイトRedditやTwitterではPC版を中心にチーターの報告件数も多く、コンソールユーザーではクロスプレイ機能をあえてオフにするプレイヤーも出ている。

 チーターの多さは人気作の裏返しともいえるが、普通に楽しむプレイヤーにはたまったものではない。こういった不正な改ざん行為は刑事罰の対象となり得る行為だ。警視庁でも「チート行為はやめましょう!」と注意喚起している。

 手軽に勝ちたいからといって、不正プログラムに頼ると大きなしっぺ返しを受けるかもしれない。こういった行為は絶対に行わないでほしい。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧