『Fallout』や『スカイリム』のベセスダ・ソフトワークスが新型コロナウイルス感染症に関して100万ドルの寄付を発表

 ベセスダ・ソフトワークスとZenimax Mediaは、新型コロナウイルス感染症の救援活動に100万ドルを寄付したことを発表した。

 『Fallout』シリーズや『The Elder Scrollsシリーズなどで知られるベセスダは、新型コロナウイルスへの重要な取り組みを行う団体「Direct Relief」に50万ドル、ユニセフに25万ドル、さらに地域団体に25万ドルを寄付すると発表している。エンターテイメントを追及して世界と繋がるだけでなく、さらに多くのことをしたいと願っていると述べている。

 以下、ベセスダが公表した文章は以下のとおり。

ベセスダ・ソフトワークス、ZeniMax Mediaそして世界各地の関連スタジオは、エンターテイメントを追及して世界と繋がるだけでなく、さらに多くのことをしたいと願っています。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、今も世界各地で深刻な被害をもたらしています。そこで私たちは、世界そして各国でコロナウイルスの救援活動に深く関わっている慈善団体に寄付を行うことで、彼らの活動を支援したいと考えました。このたび、私たちは以下の団体に対して、$1,000,000の寄付を行います。

・医療関係者への保護資材の提供をはじめとする新型コロナウイルスへの重要な取り組みを行うDirect Reliefに$500,000を寄附します。

・世界の子供たちとその家族に対する保護の前線支援を行うUNICEFに$250,000を寄附します。

・私たちが生活するコミュニティで新型コロナウイルスに関する救援活動を行っている地域団体に$250,000を寄附します。支援金の受取先は、各スタジオやオフィスによって決定されます。この寄付活動が現在の新型コロナウイルス感染症との戦いにおける助けとなれば幸いです。

また現在、自宅にいながら世界中のファン、ゲーマー、コミュニティと楽しめる #BethesdaAtHome キャンペーンを実施しています。私たちのホームオフィスからストリーミング配信を行い、皆さんに支援活動をサポートしていただく企画なども行っていきますので、ご視聴よろしくお願いします。Bethesda.netまたは私たちのSNSチャンネルで配信スケジュールをご確認のうえ、[Twitch.tv/bethesda]より放送をご視聴ください。
ゲームをプレイする方も、ストリーミングを視聴する方も、活発に過ごす方も、苦労の続く毎日ですが、健康のため社会的距離を保ちつつも、他の人と繋がる方法を探っていければと私たちは考えています。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧