推理オープンワールドADV『レッドシーズプロファイル』の10年ぶりの続編『Deadly Premonition 2』の発売日が7月10日に決定

 Nintendo Americaは、推理アクション・アドベンチャー『レッドシーズプロファイル』の続編『Deadly Premonition 2: A Blessing In Disguise』の発売日を7月10日と発表した。プラットフォームはNintendo Switch。価格は税込7480円となる。

 『Deadly Premonition 2』(デッドリー・プリモニション2)の舞台は2019年のボストン。女性FBI捜査官のアリヤ・デイヴィスが、元FBI捜査官を尋問するところから物語の幕が開く。その尋問相手とは前作の主人公でありFBI捜査官のフランシス・モーガンだ。アリヤは2005年のニューオーリンズにある田舎町ル・カレで起きた「解決済み」の連続殺人について、モーガンから情報を聞き出そうと試みる。

 本作は「2019年のボストン」と、回想形式で描かれる「2005年のニューオーリンズ」のふたつの舞台が交互に描かれる複雑な構成になっている。ニューオリンズの田舎町ル・カレはオープンワールドで構築されており、この過去の世界ではフランシス・モーガンが主人公となって、事件の謎に挑む。

 実は「2005年のニューオリンズ」では、前作『レッドシーズプロファイル』で描かれた「グリーンベイル事件」の5年前に起きた事件が描かれる。つまり本作は続編であり、同時に前日譚でもあるという、ユニークな構造を持っている。

 本作を手掛けたのはSWERYこと末弘秀孝氏。2010年に発売した前作『レッドシーズプロファイル』は、極端に評価が分かれたゲームとしてギネス記録になったという逸話を持つ作品だ。特に開発の終盤に急遽取り入れたというアクションパートが批判されたが、二転三転するストーリーや、徐々に愛着がわいてくる個性的なキャラクター、遊び心溢れるギミックに、ハードボイルドで叙情的な台詞の数々、そしてそれらがオープンワールドで描かれるという、他にはない魅力を放っており、現在はカルト的に高い評価を得ている。

 こうして海外の評価に推される形で、日本でも『レッドシーズプロファイル』が再評価されていったが、パッケージ版は入手困難でプレミア価格がつくことに。その後、2015年にPS3で『Deadly Premonition レッドシーズプロファイル コンプリートエディション』、2019年にNintendo Switchで『Deadly Premonition Origins』としてダウンロード配信が開始。現在では容易にプレイが可能となっている。

 なお、今回の発売日に合わせてNintendo Switchの『Deadly Premonition Origins』の半額セールが実施中。5月17日23時59分まで、通常価格3480円のところ、税込1740円で入手が可能だ。上記の評価を考慮に入れつつ、『Deadly Premonition Origins』を事前にプレイしていると、より『Deadly Premonition 2』が楽しめるものとなるだろう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧