プロテニス選手が参加する『マリオテニス エース』のオンライン大会が日本時間5月4日朝より開催。錦織圭・大坂なおみなどのプロ選手8名や各分野のセレブリティが参加

 スポーツに携わるアスリートや著名人のマネジメント業務を行うIMGは、錦織圭大坂なおみウィリアムズ姉妹マリア・シャラポワなどプロテニス選手8名が参加する、Nintendo Switch用ソフト『マリオテニス エース』のオンライントーナメントを開催すると発表した。

 大会名は「Stay at Home Slam」で、中止が相次ぐプロテニストーナメントに代わるエンターテインメントの提供とチャリティーの実施を目的に開催される。

 『マリオテニス エース』は2018年に発売された『マリオテニス』シリーズ7作目の作品だ。専用コントローラーのJoy-Conとゲーム中のラケットの動きが連動する「スイングモード」や狙いを定めてピンポイントにボールを打ち込むことができる「ねらいうち」、勝負のカギを握る「エナジーゲージ」など、さまざまな新要素が加わっている。

 今大会はダブルス形式で行われ、プロ選手ひとりとゲストの著名人ひとりがタッグを組んで相手のタッグと戦うことになる。ファッションモデルのジジ・ハディッドやアメリカンフットボール選手のディアンドレ・ホプキンス、ミュージシャンのスティーブ・アオキやインフルエンサーのアディスン・レイなど、8名のセレブリティがゲストとして参加する。

 本大会では参加ペアー全員に2万5000ドル(約266万円)が与えられ、チームはそれぞれ指定した慈善団体へ寄付。また、優勝したペアは賞金100万ドル(約1億円)を同様に指定の慈善団体へ寄付する。

 大会は日本時間5月4日(月)の午前6時から開催される。全試合の様子は、ジョン・マッケンローの解説と“ijustine”ことYouTuberのジャスティン・エザリックによる実況で協賛しているFacebook GamingのFacebookアカウントからライブ中継されるため、興味があればチェックしてみるとよいだろう。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧