ビル解体ゲーム『VS. レッキングクルー』が5月1日にNintendo Switchで配信決定。マリオとルイージが壁という壁をハンマーで叩き潰すアクションゲーム

 ハムスターはビル解体アクションゲーム『アーケードアーカイブス VS. レッキングクルー』を5月1日に配信することを発表した。プラットフォームはNintendo Switch。プレイ人数は1人~2人。価格は税込838円。

 本作は1984年に稼動した任天堂のアーケードゲーム『VS. レッキングクルー』のNintendo Switchへの移植版となる。『VS. レッキングクルー』は、のちにファミコンで『レッキングクルー』として移植されているので、ゲームセンターではなく家庭でプレイした人もいるかもしれない。

 ルールはステージごとにあるすべての壁を、制限時間内にハンマーで叩き潰していく。なかには爆弾が設置されているので、効率よく壁を壊すことも可能だ。ただしビルのなかにはモンスターが出現するので、注意が必要。モンスターを避けながら、壁を破壊してビルの解体にはげもう。ステージが進むにつれ、壁の数が増えてきたり、壁が浮いた足場にあったりするので、壁を壊す手順は試行錯誤が必要だ。

 本作はマリオとルイージが登場するゲームとしても知られており、ゲームデザインは坂本賀勇氏、音楽は田中宏和氏という『メトロイド』を開発したふたりが本作を手掛けている。特に「ゴールデンハンマー」を入手したときの音楽は有名で、Wiiで発売された『大乱闘スマッシュブラザーズX』にも使われているので、耳にした人はいるだろう。

 今回のアーケードアーカイブス版『VS. レッキングクルー』では、移植を手掛けたハムスターのこれまでのこだわり同様、当時のブラウン管テレビの雰囲気を再現。オンラインランキングで世界中のプレイヤーとスコアを競うことができる。

 ファミコン版でプレイした人でも、新鮮に遊ぶことができる『アーケードアーカイブス VS. レッキングクルー』は、Nintendo Switchで5月1日配信だ。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧