『テラリア』の次期大型アップデートにおける「ジャーニーモード」の詳細公開。自由に創造し実験できる独自要素を多数追加

 『Terraria』(テラリア)を開発するRe-Logicは、本作の最終アップデートとなる「Journey’s End」のゲームモードのひとつ「ジャーニーモード」の内容を発表した。

 『マインクラフト』でいうところのクリエイティブモードのようなプレイヤーが自由に遊ぶ方向性を目的としたゲームモードで、具体的な内容を確認できるゲームプレイ動画をYoutuberのChippyGaming氏を通じて公開している。

 『Terraria』のジャーニーモードは、ゲームのすべての要素をプレイヤーが自由に試すことができるモードといえる。大きなルールとして、このモードのために作られたキャラクターでしか遊ぶことができない。ノーマル、エキスパート、マスターワールドで育てたキャラクターを持ち込むことはできないし、その逆も不可能となっている。

 ジャーニーモードのキャラクターは「てつのショートソード」、「てつのツルハシ」、「てつのオノ」、「てつのハンマー」、スポーンポイントに戻る「マジックミラー」や100個の松明とロープ、落下ダメージを防ぎ少しの間空を飛べる「スターターウイング」、ともに闘ってくれる小鳥を召喚する杖「フィンチスタッフ」を所持してスタートする。

 通常のゲームモードと大きく異なるのが、アイテムの扱いだ。「リサーチアンドデュプリケート」と呼ばれるシステムが追加されており、これは規定数のアイテムを研究所に送ると、そのアイテムを無限にコピーできるようになるシステムだ。
 たとえば、木材であれば100個を研究所に送ると無限にコピーできるようになる。研究所にアイテムを送ると消えてしまうが、その後、無限にコピーできるから問題ないだろう。

 最終的にデュプリケートメニューには、5000種類あるというゲーム内のすべてのアイテムが登録できる。アイテム欄にはフィルターや検索機能もあるので、アイテムを探し回る必要もない。

(画像は『Terraria』公式フォーラムより)

 またジャーニーモードでは時間と天候などを操作することもできる。いくつかのスライダーが用意されており、それを操作することでゲーム内の環境を自由に変更できる。

 天候は「モンスーン」から「霧雨」、「晴天」までをスライダーで細かく調整可能。同じく風向スライダーで西から東に風向きも変えられる。時間は朝から晩まで選べ、進み具合も最大20倍まで高速化できる。

 さらにスポーンレートと難易度もスライダーが用意されている。ジャーニーからエキスパートまでをスライダーで変更でき、敵のスポーンレートは0倍から最大10倍まで選べる。リサーチアンドデュプリケートで得たアイテムを使って、高難度で効率よく闘う方法を考えるときなどに活用できそうだ。

 このほか、新規や若いプレイヤーがゲームを学ぶのにちょうど良いという「ゴッドモード」や、インフェクションの有無を変更できる。

(画像は『Terraria』公式フォーラムより)

 ジャーニーモードのほかに、ゲーム最高難度となる「Master Mode」やさまざまな要素が追加される『Terraria』最後の大型アップデート「Journey’s End」は、5月16日リリース予定だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧