『ドラクエ』『逆転裁判』『全裸監督』などに携わったクリエイターがTwitter上でリレー小説を展開。書かれた小説は日髙のり子さんが朗読

 『ドラゴンクエスト』シリーズでディレクター、シナリオなどを務めた藤澤仁氏、『逆転裁判』シリーズなどでディレクター、シナリオを務めた山崎剛氏などのクリエイターが、Twitter上でリレー小説『LOST SPRING~灰色の春~』を展開していくことを発表した。

 140字程度の小説を動画と、140秒の動画を毎週投稿して、次の人にバトンを渡していくという。最初の書き手は藤澤仁氏で、5月9日から開始される予定だ。

 このリレー小説は、音楽とストーリーの融合した音楽作品、ラファンドール国物語などを手掛けるシンガーソングライター矢内景子(SHADOW OF LAFFANDOR)氏が主催しているもの。昨今の新型コロナウイルスで自宅待機を余儀なくされている社会情勢から発起したもので、小説の題材そのもののそういった情勢を彷彿とさせるストーリーになるという。

 形式としては、140字程度の小説(2ツイートまで可)と、さらに140秒の動画をTwitter上で投稿。動画は、小説の内容を『タッチ』の浅倉南役、『となりのトトロ』の草壁サツキ役などで有名な声優の日髙のり子さんが、音楽を背景に朗読する。

 次のバトンを受け取った人が、自由に書き続け、約4480文字程度のリレー小説を予定しているという。なお現在のところ以下の書き手が決まっている

1人目 藤澤仁 (『ドラゴンクエストIX』、『X』ディレクター)
2人目 山崎剛 (『逆転裁判』シリーズ シナリオライター)
3人目 下川輝宏(『ソウルサクリファイス』、『ロックマンエグゼ6』シナリオ)
4人目 橘康仁 (『全裸監督』プロデューサー)

 トップバッターは『ドラゴンクエスト』シリーズの藤澤仁氏。昨年には小説家として初の著書『夏の呼吸』を発表した藤澤氏がどのようなストーリーを綴るのか気になるところだ。ほかにも『全裸監督』のプロデューサー橘康仁氏など、ゲームクリエイターに限らないユニークな人たちが揃ったといえるだろう。

 リレー小説は5月9日に藤澤仁氏から開始されるので、見逃さないようにしよう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧