『ダイの大冒険』の発表会が5月27日に開催。新アニメの続報と謎に包まれたゲーム化の情報が初お披露目へ

 東映アニメーションは、『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(以下、『ダイの大冒険』)のアニメ―ションとゲーム化作品についての発表会を、5月27日(水)20時よりYouTubeの「Vジャンプチャンネル」にてライブ配信することを発表した。

 『ダイの大冒険』は、1989年より週刊少年ジャンプにて連載された原作・三条陸氏、作画・稲田浩司氏の漫画作品。1991年からはテレビアニメ―ションとしても放映され、現在ではAmazon Primeビデオなどの動画配信サービスで視聴することも可能だ。

 昨年12月には、約30年ぶりの完全新作アニメーションが特報映像とともに発表された。今回の発表会では、2020年秋に放映予定の新作アニメーションでキャラクターの声を担当する声優キャストなどの情報が解禁される予定だ。

 また、並行して進んでいるゲーム化プロジェクトの関連情報も発表される。すでにiOS、Android向けゲーム『星のドラゴンクエストでプロデューサーを務める市村龍太郎氏が新作ゲームでもプロデューサーを担当することが明らかになっているが、執筆時点でそれ以外の情報は不明。スクリーンショットや、プラットフォーム、発売時期なども謎のベールに包まれており、発表会での映像などによるお披露目が期待されている。

 昨今の『ダイの大冒険』の展開といえば、2018年発売の対戦格闘ゲーム『Jump Force』で、主人公の「ダイ」がプレイアブル・キャラクターとして出演をはたした。その後、新作アニメやゲーム化、91年のアニメ作品がオンデマンド視聴可能になるなど、『ダイの大冒険』に関連する動きが加速している。

 ゲーム索引は、どのようなハードで展開されるのか、開発会社はどこなのか。色々と気になるところだが、5月27日(水)の発表会を待つことにしよう。なお、5月27日はシリーズの第一作『ドラゴンクエスト』が発売された日であり、日本記念日協会から「ドラゴンクエストの日」に認定されている。このメモリアルデーに『ダイの大冒険』がどのように羽ばたくのか注目してみてほしい。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧