三上真司氏の新作『Ghostwire: Tokyo』のゲームプレイ初公開。口裂けや雨童子、さらにはスレンダーマンのような妖怪と戦う超能力FPS

 ソニーのPlayStation 5お披露目イベント「PS5 – THE FUTURE OF GAMING SHOW」にて、三上真司氏率いるTango Gameworksの新作『Ghostwire: Tokyo』の初となるゲームプレイトレイラーが公開された。
 2021年発売で、プラットフォームはPlayStation 5独占。ただし時限独占のようで、後々PCでもリリース予定とのこと。

 『Ghostwire: Tokyo』の舞台となるのは、壊滅的な超常現象事件により人口の99%が消失した東京だ。現代的な東京は崩壊し、古代の神社と融合した姿に変貌。奇妙な出会いから正体不明の超能力を手にした主人公は、東京を救うために様々な怪異と戦うことになる。
 ゲームプレイの基本はFPSだ。ただし、プレイヤーが敵に向かって撃つのは弾丸ではなく、The Visitorsと呼ばれる悪霊を祓うための神秘の力だ。

 敵として登場する悪霊は、黄色いレインコートを着た幼い姿の「雨童子」(Amewarashi)、恋人と結ばれることのなかった怨念が姿を変えた「白無垢」(Shiromuku)、都市伝説の王女ともいえる耳まで裂けた口が特徴の殺人鬼「口裂け」(Kuchisake)。トレイラーには、都市伝説としては新参者だが、ホラーゲームの題材にも好んで取り上げられる怪人「スレンダーマン」に似たスーツ姿の妖怪も確認できる。
 悪霊はそれぞれ独自の攻撃スタイルや弱点を持っており、プレイヤーもそれに合わせてさまざまな手段で対抗する。主人公の能力もアップグレード可能だ。

 人のいなくなった東京では、悪霊のほかに般若の面をつけた集団が暗躍している。人々の消失、悪霊の出現、そして主人公の能力の秘密。それらの中心にいる謎に包まれた集団だ。彼らの目的は不明だが、ゲームの物語に大きく関わっていることは間違いない。

 ゲームにはPS5の能力がフル活用されているという。PS5の特徴である3Dサウンドは、怪異がはびこる東京のサウンドデザインに大きく貢献している。また、新型コントローラーDualSenseのハプティクス(振動)とアダプティブトリガーは、戦闘での手のジェスチャーに深く関わっており、相性抜群だという。

(画像はPlayStation Blogより)
(画像はPlayStation Blogより)
(画像はPlayStation Blogより)

 Tango Gameworksがおくる、妖怪と戦う和風ホラーFPS『Ghostwire: Tokyo』はPlayStation 5で2021年発売だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧