『Burnout Paradise Remastered』のNintendo Switch版が発売。ライバル車を壊して突き進むオープンワールド・アクションレーシング

 Electronic Arts(EA)は6月19日(金)、『ニード・フォー・スピード』シリーズで知られるCriterion Gamesが開発するアクションレーシングゲーム『Burnout Paradise Remastered』Nintendo Switch版を発売した。価格は税込5500円。国内パッケージ版の販売はセガが担当する。

 『Burnout Paradise Remastered』は、ライバルの車を破壊しながら走り抜けるアクションレーシングゲームである『Burnout』シリーズにおける5番目のナンバリングタイトルとして、2018年にPlayStation 4、Xbox OneおよびPC向けに発売された作品だ。2008年に発売されたPlayStation 3、Xbox360用ソフト『Burnout Paradise』がベースとなっており、同作で配信された8つの追加コンテンツを収録している。

 本作は『Burnout Paradise』以前のシリーズ作品とは異なり、決められた区間を走るレースゲームの様式から「パラダイスシティ」と呼ばれるエリアを自由に走り、エリア内でさまざまなチャレンジへ挑戦するオープンワールドゲームの様式が採用されている

 60FPS(1秒間に60枚の描画)と最大8人でのオンラインマルチプレイへ対応しており、130種類以上のマシンでさまざまなチャレンジを楽しめるほか、マップ画面はタッチ操作にも対応しており、目的地を直感的な操作で見つけることができる。

(画像はSteam『Burnout™ Paradise Remastered』より)
(画像はSteam『Burnout™ Paradise Remastered』より)
(画像はSteam『Burnout™ Paradise Remastered』より)

 PlayStation 4版やXbox One版およびPC版とのクロスプレイに関する記述はなく対応していないようだが、興味があれば普通のレースゲームと異なる刺激的でド派手なスタント体験を楽しんでみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧