世界にたった7枚しかない『ポケモン』の「No.1 トレーナー」カードが約960万円で落札される。「ポケモンカードチャレンジロード’99 SUMMER」の優勝者にのみ配られた激レアカード

 コインの競売で有名なヘリテージオークションは、同オークションにて『ポケモンカードゲーム』(以下、ポケモンカード)のレアカード「No.1 トレーナー」が競売に掛けられ、手数料込みで9万ドル(約960万円)で落札されたことを発表した。

 保存状態の格付けはGEM MINT 10。格付けとしては最高の品質を保証するものとなる。落札者については公表されていない。

(画像はヘリテージオークションより)

 「No.1 トレーナー」は、『ポケモンカード』の公式大会の優勝者に与えられたカード。競売に掛けられたのは、大阪、福岡、広島、宮城、愛知、東京、北海道で開催された「ポケモンカードチャレンジロード’99 SUMMER」優勝者に配られたもので、世界にたった7枚しかない希少なものだ。

 カードには「ポケモンカードゲーム公式トーナメントの優勝者であることをここに認定し、その栄誉をたたえる。このカードを所有する者は、シークレットスーパーバトル日本一決定戦への参加権があることを証明する」と書かれている。シークレットスーパーバトル日本一決定戦は、1999年9月に都内で行われた。

 トレーディングカードの格付けを行うPSAは、すでにこのカード7枚を全て鑑定している。その結果、最高クラスのGEM MINT 10は6枚、GEM MINT 9が1枚となっている。

(画像はヘリテージオークションより)

 『ポケモンカード』の中でも、もっとも高価と言われているのが「ピカチュウイラストレーター」だ。2019年10月に22万4500ドル(約2400万円)という金額で落札されたと、海外メディアKotakuが報じている。

 ヘリテージオークションの「No.1 トレーナー」オークションページでは、「世界一高価な『ポケモンカード』として知られている“ピカチュウイラストレーター”はPSAによって19枚が鑑定されていますが、こちらのカードはたった7枚とさらに貴重です!」と説明されている。

 結果として金額で超えることはなかったが、投機としてみるとかなりお値打ち品だった可能性もある。前述の「ピカチュウイラストレーター」は2016年に5万5千ドル(約590万円)で落札されている。同じものかどうかは不明とはいえ、わずか3年で4倍の価値に膨れ上がったといえる。

 当時、『ポケモンGO』の人気で『ポケモンカード』が値上がり傾向にあることが報告されていた。4年後の2020年でも、『ポケモンGO』は相変わらず大人気だ。数年後、驚くような価格で「No.1 トレーナー」のカードが取り引きされているかもしれない。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧