主婦とクトゥルフの戦いを描くコメディホラーゲーム『The Call of Karen』が配信開始。地味な嫌がらせをするクトゥルフに聖水スプレーや掃除機で立ち向かう

 とある家庭で巻き起こる、主婦とクトゥルフとの戦いを描くコメディホラーゲーム『The Call of Karen』Steamにてリリースされた。価格は無料。
 ゲームデザイナーでアーティストのケイト・オルギン氏が率いるゲームデベロッパーのTrumbusによって開発されている。

 宙に浮かぶ目玉焼きを皿に載せようと奮闘したことがある人はどれくらいいるだろうか。焼き上がった目玉焼きはフライパンから浮き上がり、皿を取って戻るとこつぜんと姿を消している。
 仕方がないからその辺を漂うフライパンを捕まえ、同じように漂っている卵を探してもう一度焼き直す。あまりにも地味だが、毎日繰り返されるとイライラする嫌がらせである。

 そんな状況のなかでまれる感情は非日常の恐怖ではなく、仕事を邪魔される主婦としての純粋な怒りだ。

 『The Call of Karen』は、1950年代の古き良きアメリカの家庭を舞台に、不幸な結婚をしてしまった主婦カレンがクトゥルフと戦うゲームだ。プレイヤーはクトゥルフが巻き起こす正気を失わせるような出来事にSAN値を削られながらも、日々の家事をこなしていく

 とはいえ、敵はクトゥルフだけではない。家庭のことを顧みない無責任な夫や、母親の苦労も知らない恩知らずの子どもが追い打ちを掛けてくる。はたして、主婦から正気を失わせるのはクトゥルフなのか、それとも不幸な家庭なのだろうか。

 プレイヤーは主婦として、朝はベーコンエッグを用意し、昼は掃除や片付け、夜は夕食の準備などのルーチンをただ毎日こなす。フライパンをコンロに置き、冷蔵庫からベーコンと卵を取り出して焼く。焼き上がったらお皿にのせて塩こしょう。
 ほかにも掃除機をかけたり、散らかった本やカードを片付けたり、日々のタスクは現実でもよく見る光景ばかり。

(画像はSteam『The Call of Karen』より)
(画像はSteam『The Call of Karen』より)

 大きく異なるのは、この家がクトゥルフに魅入られているという点だ。壁紙や絵画に冒とく的な文様が浮かび上がったり空中に奇妙な文字が表示されたりと、この家では日常ではあり得ないことが起きる。
 壁紙の色がちょっと気持ち悪く変わる程度はかわいいものだが、前述の通り、家事を邪魔する地味な嫌がらせもしてくる。嫌がらせは毎日のように続き、クトゥルフへの怒りを燃やすことになる。

 ゲームの後半には、ついにクトゥルフへの対抗手段を獲得。スプレーボトルに入った聖水や不思議な魔道書からパワーを得た掃除機など、いくつかの主婦ガジェットを使って得体の知れない悪意との決戦が始まる。鍛え上げられた主婦の技であれば、きっとクトゥルフすら倒せるだろう。

(画像は『The Call of Karen』より)

 全編英語で字幕表示もないため、ストーリーを完全に理解するのは少し難しいかもしれない。しかし、地味な嫌がらせをしてくるクトゥルフや家族への怒りは言葉を超える。

 クリアするためにやるべきことは文章として常に表示されるので、辞書を片手にこの戦いに挑んでみてほしい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧