西遊記をテーマにした中国産3Dアクション『Black Myth: Wu Kong』がすごい。13分に及ぶゲームプレイ動画で開発初期段階と思えない美しいビジュアルを披露

 中国の深セン市と杭州市に拠点を置くゲームデベロッパーのGame Scienceは、新作アクションRPG『Black Myth: Wu Kong』(黑神话:悟空)の13分に及ぶゲームプレイ動画を公開した。対応プラットフォームはPCと主要コンソールが挙げられており、クラウドゲーミングサービス対応の可能性も除外していないという。

 公式サイトによるとこのゲームプレイ動画は開発の初期段階のもので、才能ある開発者を募集するリクルートとしての意味もあるとされている。同社はUnreal Engine 4のグラフィックエンジニア、アニメーション、サウンドデザイナーなど、複数の業種を募集中だ。

 『Black Myth: Wu Kong』は、西遊記をベースにしたアクションRPG。敵の攻撃をタイミングよく防御して戦いを有利にしたり、ドッジ回避をしたりと、随所に『DARK SOULS』シリーズ『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』の影響が見られる。映像を見る限り戦闘や移動はスピーディで、1対多数のバトルも存在するようだ。なかなか歯ごたえのあるゲームに見えるが、どのような難易度の作品となるかは明らかにされていない。

 影響を受けたと思われる作品がある一方で、『Black Myth: Wu Kong』がただのフォロワー作品ではないことは映像からも確認できる。如意棒を使ったアクションや、悟空が大猿や虫に変身する要素が存在するほか、分身の術で巨大な敵を追い詰めたり筋斗雲に乗ったりと、西遊記でも見たことがあるお馴染みの能力を駆使している。

 なお、前述のとおりゲームは開発の初期段階で未定な部分も多い。ゲームはシングルプレイを念頭に開発されており、公式サイトで開発者は「シングルプレイゲームが好き」と語っているが、オンラインプレイを搭載するかどうかは今のところ未決定。DLCやゲーム内のアイテム購入なども、現時点では可能性を除外していないという。販売形式がどうなるかなども断言されていない。

(画像は『Black Myth: Wu Kong』公式サイトより)
(画像は『Black Myth: Wu Kong』公式サイトより)
(画像は『Black Myth: Wu Kong』公式サイトより)

 ゲームを開発するGames Scienceは、もともとTencentのゲーム開発スタジオのスタッフが独立した小規模デベロッパーだ。前述の通り深セン市と杭州市に開発スタジオがある。2014年に設立され、以前『Art of War: Red Tide』をリリースしている。

 すでにSNSやメディアで話題になっており、期待が高まっている『Black Myth: Wu Kong』。YouTubeでは再生数が30万回を越え、1.7万の高評価に対し低評価は150以下と非常に好評だ。続報は公式サイトにて発表予定とのことで、今後の続報に期待したい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧