アバターを使ったライブストリーミングの強い味方『Animaze』発表。ウェブカメラで撮影した自分の表情をリアルタイムでアバターに反映させる『FaceRig』の後継ソフト

 ウェブカメラで自分を撮影し、その動きをリアルタイムでアバターに反映させる『FaceRig』。同ソフトウェアの開発者が、その進化版である『Animaze』を発表した。すでにSteamでストアページが公開中。

 基本機能は無料で使え、サブスクリプションでプレミアム機能にアクセスできる。発売日やサブスクリプションの価格などは未発表だ。

 このソフトを使えばライブストリーミングやビデオブログなど、さまざまな動画コンテンツへ自分の表情や動きを再現したアバターを登場させられる。ただし、事業目的では使えないので、あくまで自分の楽しみの範疇で使おう。

 『Animaze』は、新しいフェイストラッカーやアニメーションシステム、グラフィックスレンダラーを搭載し、『FaceRig』のすべてのコア技術を大幅に改善している後継プログラムだ。デフォルトでLive2Dがサポートされているので、追加コンテンツは不要だという。

 Live2Dや3Dで製作したモデルを利用可能。そういった技術を持っていなくても、サメやなすび、トイレなどさまざまなアバターが初めから用意されており、カスタマイズツールで色や形、めがねの有無なども自由に変更できる。

 2015年に発売された旧版となる『FaceRig』の所有者は、『Animaze』で「サブスクリプションの大幅割引」「ふたつの特別な特典アバター」を受けられる。また、『FaceRig』のアバターは『Animaze』でも使えるが、このアバターはそのまま無料で利用可能。『FaceRig』のDLCとして購入したアバターも変換すれば『Animaze』で使えるという。
 ただし、『Animaze』発売時点で『FaceRig』の販売は中止となるので、上記の特典が欲しいという方は発売前に購入してほしい。

 法人や多数の視聴者を持つ認証された個人クリエイター向けのライセンス、『FaceRig』のDLCのインポート方法などはSteamニュースに詳しく書かれているので、そちらを参照してほしい。

(画像はSteam『Animaze』より)
(画像はSteam『Animaze』より)
(画像はSteam『Animaze』より)

 日本でも顔出しでのライブストリーミング文化は浸透し、バーチャルアバターを使ったものも多い。バーチャルアバターを使ったゲームの実況をしてみたいけどやり方が分からない、といった方には『Animaze』は助けになるだろう。

 なお、特典目的で今すぐ『Facerig』がほしいという方は、現在Humble Storeにて50%オフのセールが開催中だ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧