【※更新】書籍「タクティカルRPGのAI技術入門」が発売決定。『ファイナルファンタジータクティクス』の開発に携わったスタッフが、シミュレーションRPGの敵AI思考ルーチンを解説

【更新 2020年9月10日 15時00分】 土田氏はTwitter上にて、同書籍の販売を中止することを発表した。「9/12発売予定の「タクティカルRPGのAI技術入門」ですが、予想以上の反響と意図しない形での拡散を生んでしまいました。個人誌の範疇では済まなくなると判断し、販売を中止させて頂きます」とコメントしている。

【原文 2020年9月10日 8時22分】 シミュレーションRPGの敵AI思考ルーチンを解説した書籍『タクティカルRPGのAI技術入門』が発売されることが決定した。

 著者は『ファイナルファンタジータクティクス』『ベイグラントストーリー』『ファイナルファンタジーXII』などにプログラマーとして携わったことがある、現スクウェア・エニックスの土田善紀氏。価格は2500円。全358ページ、A5サイズ。

 同人誌であり、まずは9月12日(土)~9月22日(火)まで開催されるオンラインイベント「技術書典9」にて電子版を販売する。また10月7日(水)には書籍版がBOOTHにて販売される予定となっている。

(画像はnote タクティカルRPGのAI技術入門より)

 この書籍は、タイトル通り、タクティカルRPGあるいはシミュレーションRPGについてのAI技術入門書となっている。もともとは学生向けに書かれており、難解なAIをなるべくわかりやすく解説。土田氏によると噛み砕いて説明したことで、358ページもの大ボリュームになってしまったという。

 またシミュレーションRPGを知らない人にとっては難しいかもしれないが、学生やプログラマー以外にも楽しんでもらえる入門書になっているとのこと。『ファイナルファンタジータクティクス』ファンには特におすすめの一冊となっていそうだ。

 発売に先駆けて、BOOTHでは43ページのサンプル版を無料で読むことができる。購入の参考にしてみてはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧