資生堂が『あつまれ どうぶつの森』オリジナルマイデザインを配布。チークのフェイスペイントや、着物やジャケットなど赤を基調にした衣装を配布

 資生堂は、『あつまれ どうぶつの森』のオリジナルマイデザインを配布することを発表した。16種類のメイクアップしたフェイスペイントや、赤を基調としたワンピース、着物、ジャケットなどを配布している。

 これらの資生堂がデザインしたマイデザインは、仕立て屋のショーケースからIDを入力することで、自分の島でも使うことができる。化粧品の大手である資生堂がデザインしただけあって、おしゃれにこだわりぬかれたマイデザインといえそうだ。

 このマイデザインは、ユーザー参加型の動画制作キャンペーン「あつ森を舞台にみんなで撮影!スペシャルムービー”Camellia”プロジェクト」の一貫で配布されたもの。

 このキャンペーンは、まず資生堂が提示している絵コンテから、ユーザーが好きなシーンを選ぶ。その絵コンテを再現する形で『あつまれ どうぶつの森』のなかでプレイ動画、または静止画を撮影。最終的に絵コンテ通りに映像が繋がり、ひとつの作品が完成するというものだ。

 完成した映像は、10月23日にSHISEIDO公式Twitterアカウントや、キャンペーンのTwitterアカウントで公開するという。募集期間は9月30日まで。

 なお応募方法は、キャンペーンのTwitterアカウントをフォローしたのち、「#camellia」と「#scene(応募するカット番号)」をつけて、Twitterに投稿する流れとなっている。採用の可能性があるユーザーには、DMから連絡をするという。

 完成した映像では、バックに資生堂のオリジナルソングが流れる予定だ。ユーザーが撮影したプレイ動画はどのような映像に仕上がるのか、興味深いものとなりそうだ。

 なおこのキャンペーンは、「世の中がこんな状況だからこそ、みんなで一つになって明るい未来を描きたい」として企画されたもの。オリジナルマイデザインのダウンロードと共に、このキャンペーンの参加も検討してみてはいかがだろう。

(画像はSHISEIDO×ACNH|Special Video Project / Twitterより)
(画像はSHISEIDO×ACNH|Special Video Project / Twitterより)
(画像はSHISEIDO×ACNH|Special Video Project / Twitterより)

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧