Epic Gamesがゲーム開発・配信を一手に引き受ける統合プラットフォーム『Core』に15億円以上を投資。「ゲーム開発のYouTube」を目指す同プラットフォームを強力支援

 ゲーム開発・配信プラットフォーム『Core』公式サイト)を展開するManticore Gamesは、Epic Gamesより1500万ドル(約15億7000万円)の資金を調達したことを発表した。

 『Core』はYouTubeがビデオ作成に革命を起こしたのと同じ方法でゲーム制作と公開のハードルを下げ、ゲームにおける創造性の新しい波を起こすことを目標としたプラットフォームだ。ゲームの製作・配信・プレイ・コミュニティ構築までをひとつにまとめたオールインワンプラットフォームを目指して開発が進められている。

 Unreal Engineをベースにした開発キットを持っており、クリエイターはいちからゲームを構築することも、世界中のクリエイターが共有したコンテンツをリミックスしてゲームを作ることもできる。現在はテスト段階だが、ゆくゆくはYouTubeのようにクリエイターをフォローしたり、収益化オプションを提供する予定だという。

 『Core』では100万ドル規模のクリエイター支援プログラムを発表しているほか、最近では『Dungeons & Dragons』をテーマにした「Dungeons&Dragons Design-A-Dungeon」コンテストを実施し、わずか数週間で150作以上のゲームが投稿されるなど、資金的な部分からゲームジャムのようなイベントまで、さまざまなクリエイター支援プログラムも進行している。

 プレイヤーはクリエイターが製作したさまざまなゲームを無料で遊べる。ジャンルはRPG、アドベンチャー、MMO、サバイバル、シューター、音楽ゲームなどさまざま。また、自分のアバターを構築し、さまざまな世界が接続されたソーシャルハブワールド「Core World」でのんびりとほかのプレイヤーと交流することも可能だ。

(画像は『Core』より)

 Epic Gamesのアダム・サスマン社長は、同社が「オープンプラットフォームなゲーム開発でクリエイターが独自の世界を構築できる未来がくることを信じている」とコメントした。

 『Core』のゲーム開発部分については「Unreal Engineが使われている」と説明したうえで「Epicは目指す未来を検証するため、誰もが素晴らしいマルチプレイヤーゲームを作成できる環境と、プレイヤーが無限のエンターテインメントを発見できる遊び場を提供する」としている。

 『Core』はテスト中だがすでにサービスは始まっている。興味がある方は公式サイトからアカウントを登録して『Core』のサービスを試してみて欲しい。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧