『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』の主題歌がクラムボンの書き下ろし楽曲と発表。さらにオリジナルサウンドトラックが12月2日に発売決定

 コーエーテクモゲームスは、PS4、Nintendo Switch版が12月3日、Steam版が2021年1月に発売を予定している『ライザのアトリエ2 ~失われた伝承と秘密の妖精~』の主題歌を日本のバンド、クラムボンによる書き下ろし楽曲「Somewhen, Somewhere…」と発表した。

 さらに全60曲を収録したCD2枚組みのオリジナルサウンドトラックを12月2日に発売する。価格は税込3520円。合わせて特設サイトをオープンした。

 『ライザのアトリエ2』は、錬金術をテーマにした「アトリエ」シリーズの最新作。舞台は前作『ライザのアトリエ 〜常闇の女王と秘密の隠れ家〜』から3年後。ごく普通の日常に戻ったライザに新たな物語が待ち受ける。

 今作ではフィールドでのアクション性が増しており、モンスターへの騎乗、高所によし登ったり、泳いで水中探索をしたり、新たなアクションを駆使して未知なる遺跡を発見をすることができる。

 その冒険要素が増した本作の主題歌が日本のバンド、クラムボンによる書き下ろしの楽曲『Somewhen, Somewhere…』に決定し、合わせてその楽曲が使用されたプロモーションムービーを公開した。爽やかで軽快なメロディーに彩られ、新たな冒険に心躍らせるライザたちの物語の一端を確認できる。

 またこの楽曲を含めた、ゲーム内で使用される60楽曲を収録したオリジナルサウンドトラックが12月2日に発売決定。本日よりガストショップにて予約を開始するほか、「アトリエ」シリーズ初となるハイレゾ音源を、iTunes Store、mora、e-onkyo、レコチョクなどで後日配信するという。

 参加アーティストは、クラムボン、柳川和樹、裏谷玲央、松村佑樹、水上浩介、三
武亜紗美、アサノハヤトとなり、CD封入特典として楽譜集「おとのはのしらべ20」がダウンロード出来るシリアルコードが付属する。詳しくは特設サイトを確認して欲しい。

 『ライザのアトリエ2』の世界観が広がる魅力的な楽曲が含まれたオリジナルサウンドトラック。発売日はゲームの発売日の前日なので、合わせて購入を検討してみてはいかがだろうか。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧