『ゼルダ無双 厄災の黙示録』最新映像が公開。古代遺物の研究者「プルア」と「ロベリー」の100年前の姿が初公開

 任天堂は10月6日(火)、同社とコーエーテクモゲームスの共同制作タイトル『ゼルダ無双 厄災の黙示録』の最新映像を、コーエーテクモゲームスの公式YouTubeチャンネルおよび作品公式Twitterアカウント上にて公開した。価格はいずれも税込で、通常版は7920円、アクリルアートプレートや「パラセール風ブランケット」などの特典が付属する限定版「TREASURE BOX」は税込1万6720円。
 11月20日(金)に発売される予定で、執筆時点ではコーエーテクモゲームスの公式通販サイト「GAMECITYオンラインショッピング」とマイニンテンドーストアをはじめとする販売店で予約を受け付けている。

 『ゼルダ無双 厄災の黙示録』は、任天堂より発売中のオープンワールドRPG『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』(以下、ブレス オブ ザ ワイルド)の世界設定を受け継ぐアクションゲームである。本作では『ブレス オブ ザ ワイルド』の時代から100年前に起きた「大厄災」にフォーカスし、キャラクターごとの個性的なアクションで大勢の敵を退ける『無双』シリーズならではの体験とともに、任天堂開発チームの公式監修に基づいた物語が展開されていく。

 10月6日に公開された映像では「ゼルダ」や「リンク」をはじめとする「ハイラル王国」陣営の協力者であるキャラクターたちに焦点を当てており、今回初公開となるキャラクターとして、古代の道具「シーカーストーン」「古代兵装」と呼ばれる装備を研究していた「プルア」「ロベリー」が登場している。

(画像はYouTube「『ゼルダ無双 厄災の黙示録』知られざる100年前の記憶」より)
(画像はYouTube「『ゼルダ無双 厄災の黙示録』知られざる100年前の記憶」より)

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧