『スーパーロボット大戦X-Ω』に『ぼくらの』と『伝説巨神イデオン』が期間限定参戦が決定。生死をかけた衝撃的な描写で知られる二作品が並んで登場

 バンダイナムコエンターテインメントは、スマートフォン向けゲーム『スーパーロボット大戦X-Ω』に、鬼頭莫宏先生のマンガ、およびそれを原作としたアニメ『ぼくらの』と、『ガンダム』シリーズの富野由悠季氏が総監督したことで知られるアニメ『伝説巨神イデオン』が期間限定参戦すると決定した。配信時期は未発表。

 『ぼくらの』は、15人の少年少女がロボットに搭乗することになり、謎の侵略者と生死をかけた戦いを繰り広げるストーリー。ロボットや侵略者よりも、少年少女の内面を深く描いており、それぞれの葛藤が描かれる。2004年から2009年にかけて『月刊IKKI』において連載され、2007年には全24話でアニメ化された。

 またこの『ぼくらの』が参戦にともなって、アニメ『ぼくらの』のブルーレイが2021年1月27日(木)に発売すると発表。アウターケースは原作者の描き下ろしイラストを使用されるものとなるという。

 またもうひとつの参戦が発表された『伝説巨神イデオン』は、1980年から1981年にかけて放送されたアニメ。移民星で遭遇した地球人と、異星人バッフ・クランの誤解からはじまった戦闘を描き、相互理解できぬまま破滅へと導かれていくストーリー。またその劇場版では衝撃的な展開が語り草となっている。

 この二作品とも共通するのは、しばしば「欝アニメ」とも評されるほどの衝撃的なストーリーだ。参戦に伴って『スーパーロボット大戦X-Ω』でストーリーも展開されるとのことなので、どのようなストーリーが展開するのかも注目だ。詳細は後日アプリ内で発表するとのことなので、続報を待つことにしよう。

ライター/福山幸司

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧