盲目のモンスターを操る非対称マルチゲーム『In Silence』のアーリーアクセスが開始。呼吸や鼓動など小さな音が命取り

 Ravenhood Gamesは10月17日(土)に非対称マルチプレイゲーム『In Silence』Steamアーリーアクセスを開始した。価格は1010円。10月24日までのプロモーション期間中は20%オフの808円で販売されている。

(画像はSteam「In Silence」より)

 本作は1体のモンスターと4~6人のサバイバーに分かれて行う非対称マルチプレイゲームだ。3Dボイスチャットが採用されており、場所に応じてプレイヤーの声を聞くことができる。

 モンスターは盲目であるが聴覚と運動能力が非常に発達している。そのため、遠く離れたサバイバーの呼吸や足音を感知することが可能で、プレイヤーも音を聞き分ける能力が問われる。
 対するサバイバーは普通の人間であるため、脱出するために車を修理する、あるいはモンスターを退治するために地下室の金庫を開けることとなる。ラジオやおもちゃを利用しながら、モンスターに自分の位置を知られないように立ち回らなければならない。サバイバーには16種類のパークがあるが、ゲームごとにランダムに変更されてしまうため、柔軟な状況把握も必要となってくる。

(画像はSteam「In Silence」より)
(画像はSteam「In Silence」より)
(画像はSteam「In Silence」より)

 執筆時点では早期アクセス版であるため、バグやバランスの悪さが目立ってしまうかもしれないが、盲目のモンスターを操作するというアイディアは非常に興味をかきたてられる。少しでも気になった方はぜひ購入していただきたい。

文/tnhr

ライター
メイプルストーリーで人との関わり方を学び、ゲームのゲームらしさについて考えるようになる。主にRPG、アドベンチャーゲーム、アクションゲームの物語やシステムに興味のある学生。
Twitter:@zombie_haruchan
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧