PlayStation用ソフト『ペプシマン』のアナログレコードが発売中。1999年発売、定価の2倍近い中古価格で取引される怪作のリマスター音源を収録

 欧州を拠点にゲームサウンドトラックを製作するレコードレーベルのChipped Recordsは、1999年に発売されたPlayStation用アクションゲーム『ペプシマン』のアナログサウンドトラック「DRINK! – ペプシマン PEPUSHIMAN 7″ SINGLE」を日本時間10月18日(日)深夜に発売した。
 価格は11.99ユーロ。ただし、日本から注文する場合は、12.45ユーロの送料および追跡サービス料が別途発生する。

(画像はDRINK! – ペプシマン Pepushiman 7″ single | Chipped Recordsより)

 「ペプシマン」は、日本国内でアメリカの炭酸飲料「ペプシコーラ」を販売するためにデザインされたオリジナルキャラクターだ。弱者を助けるヒーローとして登場しながらも、“15秒しかかっこよさが続かない”弱点にちなんだマヌケな一面が親しまれ、シリーズCMや「ペプシコーラ」にオマケとして付属するボトルキャップフィギュアで人気を博した。

 ゲーム版『ペプシマン』については、初代『メモリーズオフ』などの美少女ゲームで知られるKIDが開発および販売を担当している。なお、執筆時点で本作の権利はMAGES.が所有しており、法的免責の項にはMAGES.のライセンス許諾を受けた旨が記載されている。

 今回発売されるアナログレコードは「ペプシマン」のボディーカラーをイメージした銀色を基本に、16枚に1枚の割合でシークレットデザインも含まれているようだ。また、トラックリストは紹介されていないが、イメージ画像から3曲がA面に収録されていることを確認できる。

(画像はDRINK! – ペプシマン Pepushiman 7″ single | Chipped Recordsより)
(画像はDRINK! – ペプシマン Pepushiman 7″ single | Chipped Recordsより)

 余談だが、ゲーム『ペプシマン』はファンやコレクターに人気で、中古ソフトは定価の2倍近いプレミア価格で取引されているようだ。興味があれば、PlayStation時代に登場した怪作のサウンドトラックを購入して楽しんでみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧