PS4版『The Last of Us Remastered』がアプデでロード時間短縮、1分30秒の場面がわずか14秒に。世界記録を保持するタイムアタック走者もざわつく

 11月12日(木)に発売を控えたPlayStation 5は、高速なSSDを使ったロード時間短縮が大きな売りとなっている。そんなPlayStation 5の発売を前に、PlayStation 4用ソフト『The Last of Us Remastered』のアップデートパッチ「バージョン1.11」が配信され、ロード時間が大幅に短縮されたことが報告されている。

(画像は『The Last of Us Remastered』より)

 YouTuberのElAnalistaDeBits氏は、パッチ前と後のロード時間の比較動画をアップロードしている。ニューゲームを選択して最初のムービーが始まるまでの最初のロード時間を計測し、約1分30秒から14秒と、なんと1分16秒もの短縮に成功していることが分かる。
 ほかにもプレイヤーキャラクターを操作できる場面やDLCのロード時間を計測し、やはり大幅にロード時間が短縮されたことが確認できる。

 ゲームを開発するNaughty Dogは、このパッチについていまのところ何も語っていない。そのため、いったいどのような魔法を使ってロード時間の大幅圧縮を実現したかは不明だ。

 『The Last of Us Remastered』のロード時間短縮は、世界中でタイムを競うスピードランナーにも影響を与えている。『The Last of Us』のスピードラン世界記録を持つアンソニー・カラブレーゼ氏は、「デビッド戦で18秒も節約できます!」と、さらなる記録樹立を期待させるコメントをツイート。

 ゲームの拡張版である『The Last Of Us Left Behind –残されたもの-』さっそく世界記録を更新し、パッチ1.11の実力を示した。この拡張版はわずか5分ほどでクリアできてしまうが、本編の記録更新も時間の問題だろう。ただし、ここまで大きくゲーム本編のロード時間が短くなったということで、パッチ1.11は別のカテゴリとして今後取り扱われる可能性もあるかもしれない。

 次世代ではロード時間が過去のものになりそうだが、現行機であってもロード時間を大幅に短縮する魔法が存在するようだ。

ライター/古嶋誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ