超高難度の傭兵オープンワールド・ローグライクRPG『Stoneshard』が日本語に対応。身体の部位ごとに治療が必要、死亡したらデータロストのモードもある戦術的ターン制RPG

 キプロスに拠点を置く販売元のHypeTrain Digitalは11月5日(木)、ロシアのサンクトペテルブルクに拠点を置くInk Stains Gamesが開発する『Stoneshard』が日本語へ対応したと発表した。価格は1990円。日本語対応を記念して、11月10日(火)までの期間は25%オフの1492円で購入できる。

 『Stoneshard』はアーリーアクセス中のオープンワールド・ターン制ローグライクRPGだ。陰鬱なファンタジーの世界「アルドール」を舞台に、傭兵となり戦争で荒廃した世界を旅する。戦闘はターン制で、各ターンにお互いのキャラクターが同時に行動する他のターン制ローグライクに似たシステムとなっている。

 廃墟と化した村やダンジョンに入り、野盗、カルト信者、アンデッドなどと戦い、ミッションをこなしていく。200種類以上の装備100種類以上のアビリティを組み合わせてオリジナルのキャラクターが作り出せる。

 本作は、体の部位ごとに治療が必要な「体調システム」や、死亡すると終わりの「鉄人モード」など高めの難度を特徴としている。

 日本語化され安くなっている今のうちに、超高難度ローグライクRPGが好きな方は購入を検討してはいかがだろうか。

 リリース全文は以下のとおり。

『Stoneshard 』— ついに日本語に対応

11月4日~9日に実施される HypeTrain Digital 5周年記念セールでSteamにおけるベストセラーRPGを25%オフで手に入れよう

2020年11月5日 | デベロッパーのInk Stains GamesおよびパブリッシャーのHypeTrain Digitalは、発売初月に20万本以上の売り上げを記録した高難易度ターン制RPG『Stoneshard』のローカライズが完了し、日本語に対応したことを発表します。さらに、11月4日から9日まで開催されるパブリッシャーセールの一環として、『Stoneshard』の日本語対応を記念してゲームを25%オフで購入することができます。

 『Stoneshard』は陰鬱で危険なファンタジー世界のオープンワールドを舞台とした、戦術的ターン制RPGとローグライクが融合したゲームです。中世を生きる傭兵たちの厳しい暮らしを体験しましょう。戦争で荒廃した王国を旅し、契約を果たし、戦い、傷を癒し、あなたのキャラクターを自由に育てるのです。

 ゲームは現在アーリーアクセス中であり、デベロッパーはゲームに更なるコンテンツと機能を実装するため、そして定期的に大きなアップデートを配信するため、日々熱心に働いています。直近のアップデート「Way Forward 」(9月24日配信) には多くの新コンテンツ、新たな敵、ダンジョン生成と敵AIの刷新といった内容が含まれていました。

主な特徴:

• オープンワールド:戦争は常に爪痕を残します。村は廃墟と化し、ダンジョンにはモンスターたちがはびこり、古い道は打ち捨てられています。アルドール全土を旅し、その過去についてもっと知りましょう。
• 経済:戦時の経済は無常ですが、多くの機会も同時にもたらします。契約を果たし、財宝を探し、多種多様な品物を取引し、アルドールの地を旅して富を築きましょう。
• キャラクター育成:100種類以上のアビリティと200種類以上の装備品を、クラスやレベルの制限なしに試すことができます。あなた自身のプレイスタイルを作り上げましょう!
• 多種多様な敵:数多くの敵派閥に対して繰り広げられる壮絶な戦いへと参加しましょう。野盗、忌まわしいカルト信者、そしてアンデッド。これらはすべて、それぞれ異なった対処が必要になります。
• 戦術的バトル:誰も助けてはくれません。思慮深い者だけが勝利を手にするのです。数ターン先を見越した計画を立て、環境に適応し、あなたのキャラクターの能力をフルに発揮させましょう。
• 体調システム:シンプルでありながら奥深い体調システムをマスターしましょう。出血を焼灼(しょうしゃく)し、アルコールとドラッグで痛みを鎮め、瀉血(しゃけつ)を行い、様々な調合薬で病気を癒すのです。
• 精神状態:ゲーム内における様々な状況はあなたのキャラクターの精神状態にそれぞれ異なった影響を及ぼします。士気が高ければ絶望的な戦いの風向きを変えられるかもしれませんが、低い正気度は闇雲な攻撃や妄想を引き起こしてしまいます。
• パーマデス:あなたはリスクがお好きでしょうか?それなら鉄人モードを試してみましょう。すべての決断は取り返しがつかず、あなたのキャラクターは一度死んでしまえばそれで終わりです。

Steamページ: LINK

SNS: Site / Facebook / YouTube / Twitter / Discord

HypeTrain Digitalについて

HypeTrain DigitalはPCおよび据え置き機向けインディーズゲームのパブリッシャーです。若い開発者たちのゲームを、ジャンルやプラットフォームの隔てなく世界中のプレイヤーに届けることを使命としています。ゲーム産業の多種多様なプロフェッショナルと共に働き、『Stoneshard』『The Wild Eight』 そして『Police Stories』といったゲームを世界中で成功に導いています。

Ink Stains Gamesについて

Ink Stains Gamesはサンクトペテルブルクに拠点を置くインディーズゲーム開発スタジオです。ビデオゲームに対する愛情で結ばれた、同じ志を持った人々からなるチームです。前作品の見下ろし型シューティング『12 is better Than 6』はKickstarterにおけるクラウドファンディングに成功し、2015年にリリースされました。

ライター
園児時代に押入れにあった神トラとFF4を遊んだことがきっかけでゲームにハマる。主にアクションゲーム、アドベンチャーゲーム、デジタルカードゲームを遊び、気に入ったゲームはトロコンまで遊ぶ派。思い出のゲームは『ロックマンエグゼシリーズ』『ぼくのなつやすみ2』『銃声とダイヤモンド』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧