『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』Epic Gamesストアにて無料配布中。弾幕を避けながらタイピングで呪文を詠唱して戦う異色作

 PCゲーム販売プラットフォームを運営するEpic Gamesは、タイピングゲームにアクションシューティングの要素を組み合わせた『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』無料配布を開始した。期間は11月20日(金)午前1時まで。

 なお、次週は広大な銀河を舞台とするマルチプレイヤー型のアドベンチャーゲーム『Elite Dangerous』と、ビジュアルノベルの要素を組み合わせたパズルアドベンチャーゲーム『The World Next Door』が無料配布の対象作品に選ばれている。

※2019年2月に公開されたリリーストレイラー映像

 イタリアの個人ゲーム開発者であるMorbidWare氏が制作した『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』は、敵の熾烈な攻撃を避けながら、タイピングで呪文を詠唱して悪魔を祓う異色作だ。本作は、大量に放たれる弾丸の隙間を避けながら戦う、いわゆる“弾幕系”の要素を含む作品である。
 舞台はイタリア・ローマ。作中ではフリーランスのエクソシストである「Ray Bibbia」が、驚異的な悪魔の大発生、そして宗教組織「Holy Church」の内部でうごめく陰謀を食い止めようと奔走することになる。

 映像を観てもらえば分かると思うが、本作では一般的なタイピングゲームのような速さよりも、攻撃を回避しながら隙を見てタイピングしていく正確性が重要となる。矢印キーShiftキーを押しながらのW、A、S、Dキーはそれぞれ、右手と左手での移動操作に対応している。慣れてくれば右手と左手の操作を切り替えながら戦う技術が身につくが、残念ながらほかのゲームで役立つことはない

(画像はEpic Gamesストア『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』より)
(画像はEpic Gamesストア『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』より)

 なお、独特の操作にどうしても慣れない場合は、コントローラーでもプレイ可能だ。コントローラーでプレイする際にはふたつの文字が表示され、LボタンかRボタンで選択することで文字が入力されていくため、キーボードよりも遊びやすい操作となっている。

 また、本作にはスコアを競うオンラインランキング機能や、スピードランに挑戦できるボスラッシュモードも用意されている。すべての悪魔を祓っても、プレイヤーが本作を遊ぶことを望み続けるかぎり、戦いは終わらない。

(画像はEpic Gamesストア『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』より)
インベントリを閉じる操作や装備解除もタイピングで入力する
(画像はEpic Gamesストア『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』より)

 独自の操作性で鮮烈な印象を刻み込む『The Textorcist: The Story of Ray Bibbia』。期間内であれば無料で受け取れるので、興味があれば一度遊んでみてほしい。

ライター/ヨシムネ

ライター
2019年11月加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。
コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧